~ 1日乗車券と24時間乗車券に加え、 17時から最終便まで利用できる新しい乗車券が登場 ~

2022年7月1日
ジョルダン株式会社

 ジョルダン株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤俊和、以下「ジョルダン」)は、2022年7月1日(金)午前10時より、鹿児島市交通局(所在地:鹿児島県鹿児島市、交通局長:白石貴雄)と、17時から最終便まで利用できる「市電・市バス・シティビューナイトパス」の販売を開始します。また「市電・市バス・シティビューナイトパス」は、7~8月、12~1月、3~4月の期間に限り、利用することができます。

 ジョルダンと鹿児島市交通局は、2020年7月からモバイルチケットで「市電・市バス・シティビュー1日乗車券」を販売開始し、より便利に市電や市バスが利用できるよう、2021年8月から「市電・市バス・シティビュー24時間乗車券」の販売も開始しています。本サービスの提供開始によって、利用者はチケット購入のための場所探しや時間にとらわれることなく、どこでも、いつでもチケットの購入が可能です。また新型コロナウイルス感染症による環境変化を受け、ジョルダンと鹿児島市交通局は、今回のモバイルチケットの取り組みを通じて、より多くの方の接触機会を最小限に抑えることで、利用者の安全・安心な移動の実現に貢献していきます。
 
 なお、ジョルダンのモバイルチケットには、ジョルダンが日本での総代理店契約をしている英国Masabi社のモバイルチケッティングサービス「Justride」(ジャストライド)の技術が採用されています。ジョルダンは今後もモバイルチケットを全国展開するとともに、利便性向上に向けた新しい取り組みを加速していきます。