日本サッカー界を牽引し続けてきた「ア式蹴球部」の創部100周年プロジェクトの一環として実施

早稲田大学競技スポーツセンター(東京都新宿区、所長:石井昌幸)は、ア式蹴球部(サッカー部)と共に活力があふれる社会を創造するチームスポンサーを以下の通り募集致します。

◆本件詳細は大学WEBサイトでもご確認いただけます
 https://www.waseda.jp/inst/athletic/news/2022/06/30/27752/

《早稲田大学ア式蹴球部チームスポンサー募集について》

 

早稲田大学ア式蹴球部

1.チームスポンサー内容

契約内容やスポンサー料金について、事前に「決まった形式」はございません。ア式蹴球部と企業様との間でご相談させていただいた上で、スポンサー内容及び料金を決定します。

今回のチームスポンサー募集は、現役部員たちが中心となって準備を進めている「ア式蹴球部100周年プロジェクト」の一環です。2年後の2024シーズンに迎える創部100周年に向けて、サッカーを通して活力が溢れる社会を実現するための活動に対して、共に挑戦してくださるパートナーを募集します。
契約内容について、主に以下の2点を軸に実施します。

(1)ユニフォーム胸スポンサー

男子部が公式戦で着用するユニフォーム(FP:海老茶/白、GK:黄/水色)に企業名・ブランド名・商品名(ロゴマーク、URLを含む)等を掲出いたします。試合で着用するユニフォームに掲げるスポンサーロゴは、スポンサーの皆様がア式蹴球部と共に挑戦するパートナーであることの象徴となります。ア式蹴球部の部員は、スポンサーをはじめ、支えてくれる方々全ての思いを胸に挑み続けることを誓います。

ユニフォーム胸スポンサーHOME

ユニフォーム胸スポンサーAWAY

(2)早慶クラシコ・大会スポンサー

早慶クラシコ(早慶サッカー定期戦)は今年で第73回となる伝統の大会です。大学サッカーにおいて最も人気のある試合となっており、集客数は大学スポーツにおいても最大級を誇ります。また、試合だけにとどまらず、早慶両大学のサークルによるパフォーマンスやアーティストライブといった当日企画、グッズ販売やビジョンを利用した雰囲気づくりを行うことで、大学スポーツの祭典として新しい価値を生み出しています。スポンサーの方々と協力することで、より大きな規模で早慶クラシコを開催し、サッカーを通して多くの人に活力を届けることに挑戦します。

第68回早慶サッカー定期戦(2017)では、株式会社ドミノ・ピザ ジャパン様がメインスポンサーに


第72回早慶サッカー定期戦(2021)では、味の素株式会社様がメインスポンサーに
 

他にも、プロモーション活動や社会貢献活動において、スポンサーの方々と協力してさまざまな挑戦に取り組みます。

2.応募方法等

(1)応募方法・申込書
 ※詳細は本学競技スポーツセンターWebサイトでご確認ください。
  https://www.waseda.jp/inst/athletic/news/2022/06/30/27752/
(2)スポンサー料
 原則として、年額(消費税等別)でご提案ください。
(3)契約期間
 要相談
(4)募集期間
 2022年7月1日〜2023年1月31日
(5)選考方法
 提出いただいた書類をもとに、本学の選定委員会において提案内容について審査の上、優先交渉者を選定いたします。ただし、審査の結果、優先交渉権者を選定しない場合があります。優先交渉権者の決定には、募集期間終了から2か月程度要しますのでご了承ください。
(6)契約締結
 優先交渉権者と協議の上、契約書を締結いただきます。優先交渉権者と契約条件について合意に至らなかった場合は、次点候補者と契約締結に向けた協議を行います。

 

早稲田大学ア式蹴球部について

創部:1924年
監督:外池大亮(1997年社会科学部卒)
主将:柴田徹(スポーツ科学部4年/湘南ベルマーレユース)
副将:鈴木俊也(商学部4年/早稲田実業/大宮アルディージャ2023年度加入内定)
主務:平田陸人(商学部4年/早稲田本庄)
部員:99名(6月10日時点)
主なOB:川淵三郎(元Jリーグチェアマン)、釜本邦茂(メキシコ五輪得点王)、岡田武史(元日本代表監督)、西野朗(元日本代表監督)、関塚隆(元五輪日本代表監督)、齋藤俊秀(現日本代表コーチ)、小島亨介(アルビレックス新潟)、相馬勇紀(名古屋グランパス)など
主な成績:
関東大学サッカーリーグ1部 優勝27回(最多)/総理大臣杯 優勝2回/天皇杯 優勝4回/
全日本大学サッカー選手権 優勝12回(最多)

<創部100周年に向けて>
1924年の創部以来、「WASEDA the 1st」のチームスローガンを掲げ、数多の名勝負を繰り広げてきた早稲田大学ア式蹴球部。関東大学サッカーリーグと全日本大学サッカー選手権においては最多の優勝回数を誇ります。これまで数多くのプロサッカー選手や日本代表監督を輩出し、オリンピックメダル獲得(1968年)、プロサッカーリーグ「Jリーグ」発足(1992年)、ワールドカップ出場(1998年)など、「日本サッカー史上初」となる重大局面では常にア式出身者が関わり、その部名を轟かせて来ました。まさに日本サッカー界を牽引し続けてきたア式蹴球部は、コロナ禍3年目で迎える2022シーズン、サッカーができる環境への感謝を忘れず、愚直に挑み続け「必ず『覇者・早稲田』の称号を奪還する」と意気込んでいます。

大隈重信像前で撮影する昭和23年度のア式蹴球部員

そして、2年後の2024シーズンにはア式蹴球部創部100周年を迎えます。1世紀の時間をかけて脈々と受け継がれてきた早稲田の伝統を継承すると共に、次の時代を築くためのアクションがア式蹴球部に求められています。「サッカーを通して明日の活力を生み出し、社会においても日本をリードする存在を目指す」ため、ア式蹴球部はその新しい歴史の一歩を踏み出します。

現在進行している「ア式蹴球部100周年プロジェクト」は、現役部員が、多くの栄光と挫折によって築き上げられてきた100年という歴史を読み解き、「WASEDA the 1st」の理念への理解を深めることで、学生の人間力と競技力の向上を促し、新しい時代にあってもア式が強く、輝かしく、愛される組織であり続けるための取り組みです。

サッカーを通して活力が溢れる社会を実現するための活動へのご応募、お待ちしております。

■公式HP:https://www.waseda-afc.jp/
■公式Twitter: https://twitter.com/wasedasoccer
■公式Instagram:https://www.instagram.com/accounts/login/?next=/waseda.univ.afc/
■公式YouTube:https://www.youtube.com/user/wasedasoccer

現在のア式蹴球部(集合写真)