ファーウェイのグローバル・トランスポーテーション・ビジネスユニットのXiang Xiバイスプレジデントが基調講演

AsiaNet 95989 (1111)

【バンコク2022年5月13日PR Newswire=共同通信JBN】Huawei Global Rail Summit 2022(2022年ファーウェイ世界鉄道サミット)はタイのバンコクでのAsia Pacific Rail 2022の開催期間中に開催され、成功を収めた。この高名なイベントには、世界の鉄道業界のソートリーダー、フューチャリスト、主要関係者が集まり、デジタルトランスフォーメーションをめぐる業界動向に関する洞察とベストプラクティスを共有した。

鉄道業界は、よりセキュア、よりスマート、より便利で、より効率的、よりグリーンな都市鉄道の建設を目指しているが、これによってネットワークの必要性がより高まる。しかし、今日の都市鉄道ネットワークは、列車・地上間サービスサービスバックホール向けのWi-Fi帯域幅、リアルタイムデータの頻発するロス、低い設置・展開効率に悩まされている。これが、車内案内表示装置(PIS)など帯域幅を大幅に必要とするすべてのサービスのリアルタイムバックホールを実現することを不可能にしている。

ファーウェイ(Huawei、華為技術)のエンタープライズ・ビジネスグループのグローバル・トランスポーテーション・ビジネスユニットのXiang Xiバイスプレジデントは「Driving Digitalization in Future Rail to Create New Value Together(未来の鉄道でデジタル化を推進し、共に新たな価値を創造する)」と題する基調講演の中で、ファーウェイの革新的なWi-Fi 6ソリューションの一部を明らかにした。

Xiang Xi氏は「ファーウェイのWi-Fi 6 Train-to-Ground Communications Solutionは多数の技術イノベーションを活用し、列車が時速160キロで走行中にもリアルタイムのサービス送信向けに最大1.4 Gbit/sの帯域を実現する。これは、列車・地上間通信のネットワークハンドオーバーレイテンシーを30ms以下に大幅軽減することで、サービスの中断をゼロにすることができる。さらに、オールインワン統合シャーシは展開が容易で、設置期間を67%短縮できる。最終的に、これは都市鉄道の安定運用をもたらす」と語った。

ファーウェイのWi-Fi 6 Train-to-Ground Communications Solutionは、深セン地下鉄のLine 20で大いに役立つことを実証した。ファーウェイのソリューションを装備した深セン地下鉄のLine 20は、業界をリードする鉄道・地上通信向け商用Wi-Fi 6コネクティビティーを構築し、自動運転都市鉄道にとって必要なすべてのサービスの常時接続、広帯域、低レイテンシーバックホールの恩恵を受けている。この結果、深セン地下鉄はスマート都市鉄道によって乗客に全く新しい安全な移動体験を提供している。

ファーウェイは、Huawei Global Rail Summit 2022で革新的な鉄道輸送ソリューションとそのフラグシップ製品の全スイートを展示した。特に、鉄道駅キャンパス向けのファーウェイの革新的な低カーボンのインテリジェントキャンパスネットワークソリューションは注目を浴びた。この画期的なソリューションは全く新しい簡略化されたネットワークアーキテクチャー、プラグアンドプレー・リモートユニット(RU)、グリーンかつ省エネ設計によって秀でている。極めて強力な機能によって、このネットワークは鉄道駅サービスの持続可能な展開で先行している。

このソリューションの優れた恩恵は以下の通り。

*「1つのデバイス、1つのネットワーク」による簡略化されたアーキテクチャー:この革新的な簡略化されたネットワークアーキテクチャーは、セントラルスイッチとRUで構成され、RUはセントラルスイッチの延長ポートとして機能し、デスクトップ上に展開されている。これによって、すべての端末は手近なRUを通じてネットワークにアクセスでき、この結果、超低電圧(ELV)室から端末までの配線を最小化することができる。

*常時接続サービスとスムーズなネットワーク進化:業界をリードする光・電気PoEテクノロジーを活用して、セントラルスイッチはPoE++(60W)を300 mという極めて離れたところにあるRUに供給できる。これは、ELVボックスおよびキャビネットの必要性をなくし、ローカル電源供給の調達問題に効果的に対処する。さらに、ハイブリッドケーブルは超高帯域を提供し、1回限りの配線で今後15年のネットワーク真価をサポートする。

*グリーン、低カーボン、エネルギー効率の成果:簡略化されたアーキテクチャーに収められたRUは、計画、設定、管理を必要とせず、マネージドノードの数を80%以上減らすことができる。さらに、RUはエネルギー効率に優れたファンフリー設計を採用して極めて高い静粛性とエネルギー節約を達成し、RU向けに通常の電力消費は7W以下、ポートあたり平均1W以下になる。

デジタルトランスフォーメーションにおける比類のない技術知見と経験を有するファーウェイは今後も、より多くの都市鉄道の使用事例を深く掘り下げ、より多くの顧客およびパートナーと緊密に協力して革新的なソリューションを共同開発していく。ファーウェイはこのようにして、スマート都市鉄道におけるデジタルトランスフォーメーションの加速に貢献していく。

ソース:Huawei

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=421193
(画像説明:ファーウェイのグローバル・トランスポーテーション・ビジネスユニットのXiang Xiバイスプレジデントが基調講演)