GWM POERの主な特徴

AsiaNet 94263 (0224)

【保定(中国)2022年1月27日PR Newswire=共同通信JBN】GWM(長城汽車)はこのほど、ピックアップ(PICKUP)の販売が前年比3.6%増で23万3000台を超えたと発表した。POERの販売は12万7940台に達し、GWMピックアップシリーズで最も人気のある車種になった。

▽GWM POERの主な特徴

GWM POERはGWMピックアップの高級インテリジェントモデルである。オフロード性能、積載能力、インテリジェンスを完璧に統合し、さまざまなシナリオにおけるユーザーニーズへの優れた対応力を備えている。

パワーの面では、GWM POERは2.0T高出力エンジンとZF 8ATパワーアセンブリーを搭載し、インテリジェントな四輪駆動システムと後車軸トランスバースデフロックを装備している。「スタンダード」「エコノミー」「スポーツ」「4L」の4種類の運転モードがあり、ユーザーは日常生活で異なる運転モードを選ぶことができる。強力な性能により、この車は優れたオフロードパフォーマンスを発揮し、複雑な運転環境に対処するためのより強力で信頼性の高いパワーをドライバーに提供する。ユーザーが起伏のある道を運転するとき、あるいはぬかるみに車がスタックした際でもドライバーは4Lモードに切り替えて低速トルクを増大させる機能を起動することで、車の安定した挙動が確保される。

この車はインテリジェンスの面で多くの優れた機能がある。とりわけオーストラリア市場では、さまざまなドライバーアシスト機能がユーザーの多様なニーズに応じることができる。そうした機能としては衝突被害軽減ブレーキ(AEB)や車線維持アシスト(LKA)などがある。とりわけAEB機能は緊急時や危険な距離の場面で車のブレーキングを自動的に制御し、ユーザーが衝突事故を回避したり軽減することに役立つ。

2021年以来、GWM POERはオーストラリア、チリ、ロシア、南アフリカ、エジプト、中東、ラオスなど50以上の国と地域で発売されている。その卓越した性能とインテリジェントな安全性能に対して膨大な関心と評価がメディアとユーザーの両方から寄せられた。

オーストラリアの権威ある自動車メディアのCarsalesは車をテストした後に「GWM POERはオーストラリアのピックアップ市場の状況を変えるだろう」と述べた。GWM POERはオーストラリアのA-NCAPテスト安全基準でファイブスターを獲得し、側面衝突とファーサイド衝突テスト(ともに大人と子どもの乗員)、アクティブレーンサポートシステムの機能テストで満点を獲得した。

ロシアの人気ブロガーECHO MOSKVY氏はテストドライブの後にGWM POERへの評価を表明し、GWM POERには強力なパワー性能があり、さまざまな道路状況での運転に適しているとコメントした。

このほど、GWMはJingang(キングコング)POERと、Huo(「熱い」、あるいは「火」の意味)、Heidan(黒い銃弾)、Lvzhuang(旅行エディション)、Jiche(モーターサイクリスト・エディション)といった幾つかの特別モデルを発表した。GWMは世界市場で豊富な車のラインアップを継続的に取り揃え、ユーザーに多様な体験を提供する。

ソース:GWM

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=413950
(画像説明:GWM POERの主な特徴)