瀋陽の蒲河市場で新年の雰囲気を強く感じる外国の友人たち

AsiaNet 94252 (0219)

【瀋陽(中国)2022年1月26日新華社=共同通信JBN】瀋陽の瀋北新区人民政府新聞弁公室(
The Information Office of Shenyang Shenbei New District People'sGovernment)によると、2022年の寅年の春節を控えて、オーストリア、ドイツ、ロシアなど10カ国の国際的友人が瀋陽の蒲河市場を訪れ、地元住民と「買い物」習慣を体験した。

冬季、瀋陽蒲河市場は人々であふれ、春節対句、ランタン、野菜、家禽、その他の正月用品を手に入れることができる。

手描き春節対句の屋台では、ロシア人学生アンナさんのために店主が即席の対句を書き、外国人学生も一緒に対句を書くよう勧められた。アンナさんは、このような場面が母国ロシアではまれで、中国独特の市場は本当に素晴らしいと話し、人々は見るだけでなく、ここで新年の濃厚な気分も味わえると付け加えた。

市場の伝統文化的側面は春節の民俗文化を生き生きと見せ、にぎやかな場面やさまざまな商品が外国の友人たちに新年の雰囲気を強く感じさせている。

ソース:The Information Office of Shenyang Shenbei New District People's Government

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=413906
写真説明:瀋陽の蒲河市場で新年の雰囲気を強く感じる外国の友人たち