AsiaNet 94195(0184)

【メデジン(コロンビア)2022年1月24日PR Newswire=共同通信JBN】Legacy Groupの投資先企業Green Coffee Company (GCC)は、高い需要のため最近になって規模を350万ドル拡大して1320万米ドルとしていたシリーズB資金調達を完了したことを報告する。同社の適格投資家ベースは急拡大して現在、220人を超える個人投資家が事業に参加している。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1730901/Green_Coffee_Company_Logo.jpg
Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1730902/Green_Coffee_Company_Farms.jpg

Green Coffee Companyは将来に目を向けており、その焦点はコロンビア全体で最大のコーヒー生産者の地位を固めることにある。同社は今回の資金調達を乗り切ったことで、成功の進路がより明確になった。GCCはこの投資を(1)農園を2倍の4700エーカーに拡大してコロンビアで第2のコーヒー生産者になる(2)コロンビアで最も先進的な(ということは世界でもと信じる)コーヒー生産者になる-ために使った。

当初の960万ドルを350万ドル拡大したシリーズB資金は、同社の適格投資家ベースによってわずか3週間で調達された。同社はこの6カ月間、事業の進展をじかに確かめるために何十人もの投資家と支援者をコロンビア・サルガルの同社農園に迎えてきた。GCCは2カ所の新しい世界一流のコーヒー加工施設の1つを開設、第2の施設は2022年第1四半期に稼働する見込み(次を参照:https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3419585-1&h=3430446033&u=https%3A%2F%2Fwww.linkedin.com%2Fposts%2Flegacygroup_the-green-coffee-company-opens-the-most-advanced-activity-6861428202787672064-2msG%2F&a=watch+ )。

Green Coffee Companyは米国に本社があり、コロンビアのメデジンを拠点として事業展開する総合コーヒー農園経営企業である。同社の革新的な事業モデルにより、栽培から加工、最終顧客との直接取引までの供給網を全面管理できる。GCCのコーヒー事業への全包括的手法と環境に配慮した業務慣行は事業の長期的な収益性と持続可能性を実現するだけでなく、農園で生産されるコーヒーの品質を向上させもする。

詳細は同社の資産管理者であるLegacy Groupにinvestor.relations@legacy-group.co で連絡、または次のウェブサイトを参照:https://legacy-group.co/

Green Coffee Companyや他の代替投資機会に関するLegacy Groupの情報をLinkedinでフォローを:https://www.linkedin.com/company/legacygroup/

ソース: Legacy Group