2021年12月7日
株式会社オカムラ

2021年12月、株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:中村 雅行)のオフィスシーティング「CYNARA(シナーラ)」が、公益社団法人日本インダストリアルデザイン協会(JIDA)主催の「JIDAデザインミュージアムセレクションvol.23」に選定されました。

「JIDAデザインミュージアムセレクション」は、公益社団法人日本インダストリアルデザイン協会(JIDA)が、「美しく豊かな生活を目指して」をテーマに、インダストリアルデザインが社会に寄与する質の高い製品を選定し表彰するものです。その製品を次世代に伝え、教育、産業、生活へ文化的貢献を行うことを目的に、その時代において特に収蔵しておきたいデザイン性の高いものを「JIDAデザインミュージアムセレクション」として選定し、発表・展示・記録を行っています。

vol.23となる今回は、多数の応募の中から、オカムラのオフィスシーティング「シナーラ」を含む62点が選定されました。オカムラ製品の選定は今回で9回目となり、計13製品の選定数を誇ります。
オフィスシーティング「シナーラ」は、これまで2021年ドイツ「レッドドットデザイン賞」にて「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」、「DFAアジアデザイン賞2021」にてメリットアワード、「2021年度グッドデザイン賞」も受賞しており、国内外で高い評価を得ています。


―オフィスシーティング「CYNARA(シナーラ)」の概要―

「シナーラ」は、すっきりとした軽快なデザインであらゆるインテリアに調和し、シンプルな構造で快適な座り心地を実現しました。人間工学と環境に配慮し、多様で流動的な現代の働き方をサポートします。軽量設計で省資源を追求したことにより、製造・配送時のCO2排出量削減に貢献します。

□オカムラウェブサイト オフィスシーティング「CYNARA」
https://www.okamura.co.jp/product/seating/cynara/

 

―「JIDAデザインミュージアムセレクション」の概要―

公益社団法人日本インダストリアルデザイン協会(JIDA)は、1952年に創立されたインダストリアルデザイナーの唯一の全国組織です。これまで60年以上に渡って、各分野、各地域のデザイン関係団体と協力して、日本のデザイン界と産業や社会、文化の発展のために貢献しています。
JIDAデザインミュージアムは、「美しく豊かな生活を目指して」をテーマに、インダストリアルデザインが社会に寄与する質の高い製品を「JIDAデザインミュージアムセレクション」として選定し表彰するとともに、その製品を収集・保管して次世代に伝え、教育、産業、生活へ文化的貢献を行うことを目的として、1997年に開設されました。開設以来、デザイン性の高いものやその時代をリードした製品などを中心に、収集・展示しています。

□「JIDAデザインミュージアムセレクション」ウェブサイト
http://jida-museum.jp/news.html/selection23news/