広西師範大学での就職説明会の光景

AsiaNet 93315 (3009)

【南寧(中国)2021年11月29日新華社=共同通信JBN】優秀な教師たちが自らの職に就いたことで、広西師範大学(Guangxi Normal University)など地域の高等教育機関を対象とした国家級南寧経済技術開発区(National Nanning Economic & Technological Development Area)の初の教育人材募集イベントが最近、成功裏に終了した。

このイベントで、国家級南寧経済技術開発区は単科大学と総合大学の教育人材の募集を促進するため、同区の計38の教職を提示し、国家級南寧経済技術開発区管理委員会によると、その結果は心強いものであった。教師の募集は、同区が高等教育機関に就職説明会を持ち込んだ最初のものである。常に高い水準と厳格な要件を順守する同イベントは、部外秘の問題作成、試験問題の安全な輸送、迅速な採点、要件を満たした志願者を同じ日に選ぶために学校の指導者が参加する面接を特徴とした。このプロセスは、人材選択の効果的なシステムであることが分かっている。同イベントには167人の学生が集まった。計21人がその場で採用され、そのうちの6人は優秀な大学院生であった。

国家級南寧経済技術開発区は常に「科学と教育による同区の開発」と「人材による同区の活性化」という戦略を順守してきた。次に、同区は引き続き就職説明会をキャンパスに持ち込むというモデルを探求し、単科大学、総合大学との協力のメカニズムを確立し、人材を迎え入れる方法を改善し、人材成長の環境を最適化する。就職説明会をキャンパスに持ち込み、そのサービスを最適化することにより、国家級南寧経済技術開発区は人材を引き付けて維持することだけでなく、彼らの潜在能力を十分に引き出すことにも尽力する。人材の宝庫の建設を促進するためのより大きな決意、より精力的な努力、より現実的な措置により、同区は質の高い教育の発展のために実質的な知的支援を提供する。

ソース:National Nanning Economic & Technological Development Area Management Committee

画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=409020
写真説明:広西師範大学での就職説明会の光景

Source: National Nanning Economic & Technological Development Area Management
Committee