AsiaNet 92575


KKStream、アジア太平洋地域の企業向けストリーミング需要が2021年までに 22%成長すると予測 同社のストリーミング・ソリューションBlendVisionモジュール製品は、 企業の外部コミュニケーション・コストを平均43%削減


2021 10 26 日,台北, 台湾アジア太平洋地域のB2Bストリーミング技術をリードするKKStreamは、2021年下半期の業界インサイトレポート「アジア太平洋地域におけるエンタープライズ・ストリーミング・アプリケーションの事例と開発動向」を発表しました。このレポートでは、大手企業との取引実績、エンタープライズ・ストリーミング・アプリケーションの傾向、様々な業界がストリーミングサービスを通じてどのようにビジネス上の利益を拡大しているのかを紹介しています。

ストリーミングによるビジネスコミュニケーション はカスタマー・リレーションシップとチャネル・リレーションシップ(CR)に最も効果的
​​KKStreamの2020 - 2021年の調査によると、企業は外部コミュニケーションをストリーミングソリューションに切り替えることで、イベントコストを平均43%削減することができ、最も効果的なアプリケーションは、顧客関係や販売チャネル関係(CR)であることがわかりました。 例えば、ビジネスコミュニケーションにおけるイベントのライブストリーミングは、地理的な距離や会場の広さに関係なく、コミュニケーションの頻度を高め、準備時間、会場のレンタル料、交通費、飲食費用などを大幅に節約することができます。また、KKStreamは、企業がブランドイメージやビジネスパフォーマンスを高めるためにオーディオビジュアルストリーミングを利用する主な用途として、IR(Investor Relations)、CR(Customer and Sales Channel Relations)、PR(Public Relations)の3つを挙げています。

企業のコミュニケーションの悩みを解決する ストリーミングの4つの応用メリットで、オンライン、ハイブリッドイベントの効果と利益を増幅。
B2Bストリーミングサービスを提供してきたKKStreamは、ID制御とコンテンツセキュリティ、セミプリレコーディングライブストリーミング、チャットルームでの対話、ライブビデオ再生という、企業にとって最も人気のある4つのストリーミングアプリケーションを特定しました。KKStream社のストリーミングソリューションBlendVisionは、「情報セキュリティとメッセージ管理」のアクセス管理メカニズム、ウォーターマーク技術、およびコンテンツの暗号化などにより、企業が抱える情報セキュリティリスクへの懸念に効果的に対応しています。

また、KKStream社の調査によると、65%の企業がライブストリーミングに「セミプリレコーディング」を選択しており、ポストプロダクション技術を用いてオーディオとビデオの品質を高め、リアルなライブビジュアル体験を実現しています。 一方、73%の企業がライブイベントで「チャットルームや投票」を利用し、90%以上の主催者が「ライブイベントを動画として記録再生する」ことを選択しており、イベントのインタラクティブ性やプロモーションのロングテール効果を高め、オフラインの物理的なイベントと比較して大きな効果を生み出しています。

高品質ストリーミングサービスは、コミュニケーション、セキュリティのニーズに対応、市場全体は16%の複合成長率で発展
新型コロナウイルスの流行による変化に伴い、ストリーミング・アプリケーションの重要性は増し、人々は「ゼロタッチ」という新たなデジタルの常態に慣れ始めました。KKStreamアジア太平洋地域企業のストリーミング需要は、2021年に22%の成長が見込まれており、KKStreamでは、市場全体が2025年まで16%で成長を続け、その中でもカスタマー&チャネルリレーションズ(Customer & Channel Relations)のストリーミングアプリケーションの需要が最も大きく伸びると予測しています。KKStreamの先進的なストリーミング技術は、企業の多方向通信を実現するだけでなく、ストリーミングデータを利用して、その後の分析やデータ統合を支援し、技術を最大限に活用して効率化を実現します。

KKStreamのゼネラルマネージャー、蔡怡仁は次のように述べています。「2020年以降、世界中の企業からのストリーミングサービスの需要が飛躍的に高まりました。 欧米に加えて、アジア太平洋地域の企業もストリーミングに旋風を巻き起こし、実体活動が制限されている中で、幅広いアプリケーションを生み出しています。 この度、KKStream社が発表した「インサイトレポート アジア太平洋地域におけるエンタープライズ・ストリーミング・アプリケーションの事例と開発動向」は、企業がコミュニケーションをデジタル化し、データを管理することで、時間とコストを削減しながら、より高いセキュリティと効率を実現する方法について説明しています。 また、より多くのアジア太平洋地域の企業が、ビジネスクラスのストリーミングを利用して、外部とのコミュニケーションを図り、時間や場所の制約を超えて世界中の視聴者にアピールしていることを嬉しく思います。」

ビジネスコミュニケーションが革新の時代を迎える中、様々な業界がストリーミング技術を対外的なコミュニケーションに応用し始めています。 ストリーミングは、もはやエンターテインメント・メディア業界だけの代名詞ではなく、今や金融、テクノロジー、教育、さらには伝統的な業界でも、オーディオやビデオのストリーミング技術を全方位的なコミュニケーションに活用し、デジタルトランスフォーメーションの流れを掴んで世界とつながり、急速な変化の時代をリードしています。

インサイトレポートのダウンロードは、KKStreamの公式サイトをご覧ください。: https://www.kkstream.com/ja/cases-insights/2021-streaming-insight-report-ja/

KKStreamについて】
2016年に設立されたストリーミングテクノロジー企業のKKStreamは、B2Bストリーミング・サービスソリューションのリーダーとして、クラウド・ストリーミング、人工知能、データ分析の三大テクノロジーを活用し、企業のお客様に充実したビデオ・ストリーミング・ソリューションとプロフェッショナルなコンサルティング・サービスを提供しています。
KKBOXグループの子会社であるKKBStreamは、台北に本社を置き、台北と高雄にまたがる研究開発チームを擁すると同時に、東京に事業拠点を設けています。通信、メディア、オンライン・ショー・チケット、オンライン・コース・プラットフォーム、ホーム・フィットネス業界など、国内外のお客様にサービスを提供しています。

独自のBlendVisionソリューションを通じた「サービスとしてのストリーミング」ビジネスモデルは、企業がストリーミングテクノロジーを容易に導入できるよう、柔軟なモジュール型製品を活用し、多様な業界アプリケーションが開発できるよう支援、市場への導入を加速させ、高品質のオーディオおよびビデオコンテンツを提供しています。公式サイト:www.kkstream.com

(日本語リリース:クライアント提供)