AsiaNet 92531 (2580)

【成都(中国)2021年10月22日PR Newswire=共同通信JBN】中国南西部四川省の省都成都は、Chengdu Science and Technology Bureau(成都科学技術局)のおかげで、技術革新主導の開発を加速しつつある。

2016年に成都で設立されたQitan Techは、DNAシーケンシング分野で事業を展開している。同社は数年間の研究・開発(R&D)によって、このほど中国初のナノポールベースの単一分子遺伝子シーケンサーを発売した。

主流となっている次世代シーケンシング技術と異なり、同社製品はロングリード機能、携帯性、ダイレクトシーケンシング能力、リアルタイム結果出力の点で優位性を持っていることから、将来の応用で幅広い可能性を有している。

Qitan Techの創業者の1人、Xie Dan氏は「ナノポールベースのシーケンシング技術の応用シナリオは多方面にわたっており、われわれの想像を超える」と語った。

サイズが小さいため、この技術は公衆衛生の分野で有用である。これは研究所を拠点とした検査への依存を終わらせるのを手助けする。検査担当者は問題解決のためにいつでも、どこでも第一線に派遣が可能である。

Xie 氏は「生物医学に携わっている企業にとって、成都の産業支援施設と事業環境によってもたらされている便益は明瞭である」と述べた。同氏はさらに、成都科学技術局は継続的に事業支援制度を改良しており、その結果、スタートアップ企業はR&Dに集中することができると指摘した。

成都にあるもう1つの企業は、大都市における移動の問題を解決するために、オンデマンド型の「特殊エアバス」を一般の生活へと持ち込もうとしている。

9月22日、都市航空交通の先駆的企業Volocopterが、無人航空機に携わっているGeelyの子会社Aerofugia と提携し、成都ハイテク産業開発区で合弁会社を立ち上げた。

この合弁会社は中国でVolocopterの製品の生産と販売を担当する。3-5年以内に都市航空交通立ち上げを支援することを計画している。成都はこのプロジェクトを試す最初の都市の1つとなるだろう。

成都市が高いレベルの科学・技術革新促進に全力を挙げていることを背景に、成都にはこれら2つの革新主導の企業に加えていくつかの同様の企業がある。

2020年、62の市級およびそれを上回る技術ビジネスインキュベーターとスペースが立ち上げられ、全体で約6000のハイテク企業が登録されている。同市のハイテク産業の収益は1兆元(1545億ドル)の規模に達した。

同市政府は現在、Chengdu-Chongqing Twin-City Economic Circle(成都-重慶双子都市経済圏)の建設に向けた政策を展開している。同市は、同市を国家レベルの科学・技術革新センターに建設しようとしている。

ソース:Chengdu Science and Technology Bureau

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=404976
(写真説明:Qitan Techのリソグラフィー工場で作業中の同社従業員)