AsiaNet 92502

S.Pellegrino Young Chef 20192021年グランドフィナーレでS.Pellegrino Young Chef Academy ブレインフード・フォーラム を初めて開催

ミラノで3日間にわたり開催されるこのエキサイティングなプログラムは『Fine Dining Lovers』がキュレーターとなり、若いシェフと世界最高のシェフたちが、知識とアイデアを交換し、刺激を与えあいます。 

ミラノ, 2021年10月22日 /PRNewswire/ -- S.Pellegrino Young Chef Academyは、ミラノで開催される料理コンクール、S.Pellegrino Young Chef 2019-2021年グランドフィナーレで、1030日に『Fine Dining Lovers』をキュレーターとして迎え、第一回S.Pellegrino Young Chef Academyブレインフードフォーラムを開催することを発表いたします。

マルチメディアニュースリリースをご覧になるには、こちらをクリックしてください。https://www.multivu.com/players/uk/8971651-grand-finale-s-pellegrino-young-chef-academy-competition-host-brain-food-forum/

『Fine Dining Lovers』の編集者でありシェフのライアン・キングが司会を務める第一回のフォーラムでは、味とクリエイティビティーに焦点を当て、ガストロノミーの世界に関する刺激的なアイデアや考えをお届けし、イベントに参加する若いシェフや美食家にインスピレーションを与えます。

フォーラムには、マッシモ・ボットゥーラやヴィルヒリオ・マルティネスなどが参加し、主なテーマについて議論し、クリエイティビティー、美味しさの追及と発見がいかに美味しい料理を生み出すだけでなく、人生をより良くするかご説明します。 ボットゥーラは、食品を廃棄処分から救うという使命と、国連環境計画(UNEP)の親善大使への任命、そしてレフェットリオ・プロジェクトについて語ります。本プロジェクトは、非営利団体の Food for Soulのビジョンにより推進されている文化コミュニティーのハブ、ソーシャルキッチンで、現在はS.Pellegrino Young Chef Academyと提携し、食品ロスと廃棄物を削減し、社会的インクルージョンを支持するために地域社会を結集、活性化しています。マルティネスは、自らが実施している、アンデスとアマゾンの原住民の食文化を将来に伝えるために、原材料と技法をリストアップし、再発見するメイタープロジェクトについて語ります。

ボットゥーラとマルティネスに加えてフォーラムでは、次の世界のガストロノミー界で代表的な人物7人がS.Pellegrino Young Chef料理コンクール20192021年の審査員となり、勝者を決定します。エンリコ・バルトリーニ(トスカーナ出身のミシュラン3つ星シェフ。イタリア、そして世界で最も優れた料理人の1人)、マヌ・バファラ(ブラジルのグルメ界の先端を行くManu in Curitibaのシェフ兼オーナー)、アンドレアス・カミナダ(弱冠33歳でミシュラン3つ星を獲得。現在は、スイス、シャウエンシュタインの13世紀の歴史的な城でガストロノミーに対する自らのビジョンを示している)、マウロ・コラグレコ(フランス、マントンのミシュラン3つ星レストラン、Mirazurのイタリア系アルゼンチン人シェフ)、ギャビン・カイゼン(ジェームス・ビアード・アワードを受賞し、非営利のメンターBKB財団(前ボキューズ・ドール USA財団)の設立者の1人)、クレア・スミス(イギリスでミシュラン3つ星をレストランを経営する初にして唯一の女性シェフ)とピム・テカムアンヴィヴィット(Nari、Kamin、サンフランシスコにあるミシュランレストランのKin Khaoのオーナー、バンコクのミシュランレストランNahmのエグゼクティブシェフ。) この七賢人が、味とクリエイティビティーというテーマに沿って、質問を受け付け、議論をする専門家パネルとなります。S.Pellegrino Young Chefの前回の優勝者であるミッチ・リーンハード (米国、2016年)とマーク・モリアトリー (イギリス&アイルランド地区、2015年)も参加し、現在の若い世代のシェフに対する期待と、業界での経験について語ります。

「味とクリエイティビティー」というテーマは、S.Pellegrino Young Chef Academyの中核的価値を強調するために選択されました。このオンライン教育プラットフォームは、ガストロノミーの世界でさまざまな人材を引きつけ、結び付け、育成するために設立されています。

オープニングイベントの後、世界各地でブレインフード・フォーラムが開催されます。世界のホスピタリティー業界で活躍する人物の知識に直接触れていただくことを目的に、さまざまなテーマに関するインサイトを提供します。

ブレインフード・フォーラムは1030日(土曜日)9: 3012.30CET(中央ヨーロッパ標準時間)にFine Dining Loversでのライブストリーム配信を行います。視聴するにはFDL+https://www.finedininglovers.com/welcomeで事前登録をしてください。 

ブレインフード・フォーラム は、単なる今年のコンクールの新しいイベントではありません。 1029日に、 ミシュランシェフの クリスティーナ・ボウワーマン が Women's Leadership(ウィーメンズ・リーダーシップ)に参加する若い女性シェフと歓談し、成功を収めたシェフ、起業家、コンサルタント、そしてコーチとして、世界的な経験について語ります。  この会議は、次世代の若い女性専門家の育成 を目的としたS.Pellegrino Young Chef Academyの長期的なエンパワーメントプログラムの最初の活動となります。

S.PellegrinoAcqua Pannaについて 

S.Pellegrino、Acqua PannaおよびSanpellegrino Italian Sparkling Drinksは、イタリア、ミラノにあるSanpellegrino S.p.A.の国際商標です。これらの製品は、150カ国以上、5つの大陸すべてに存在する支店と販売業者を介して流通されています。原産国のおかげで優れた品質を誇っており、喜び、健康、幸福が一体化するイタリアのスタイルとして世界中で愛されています。1899年に設立されたSanpellegrino S.p.A.は、イタリアの飲料業界の代表的な企業で、ミネラルウォーター、ノンアルコールのアペリティフ、ドリンク、アイスティーなど幅広い製品を取り扱っています。イタリアのミネラルウォーターの大手メーカーとして、地球のための重要な資源である水を大切にし、責任ある行動をとり、水資源の保全に情熱を持って取り組んでいます。

Fine Dining Loversについて 

Fine Dining Loversは、レストラン業界の内部情報を公表する国際的なデジタルプラットフォームであり、業界が提供する最高の情報を独自に提供しています。オンラインマガジンはS.PellegrinoとAcqua Pannaにより支援されていますが、編集は独立して行っています。

写真 - https://mma.prnewswire.com/media/1665465/Sanpellegrino_The_Grand_Jury.jpg
ロゴ - https://mma.prnewswire.com/media/1341607/SPYCA_logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)