Bill Wangファーウェイ光学製品ライン担当バイスプレジデントが基調講演

AsiaNet 92457 (2528)

【ドバイ(アラブ首長国連邦)2021年10月20日PR Newswire=共同通信JBN】第7回Ultra-Broadband Forum(UBBF2021)が20日ドバイで開幕した。ファーウェイ(Huawei、華為技術)のBill Wangファーウェイ光学製品ライン担当バイスプレジデントが基調講演を行った。同氏は、エネルギー節約と速度向上に加えオールオプティカル・ターゲットネットワークはさまざまな産業のデジタルトランスフォーメーションを加速し、最高のサービスエクスペリエンスをもたらすとともに、より大きなビジネスバリューも生み出すと指摘した。

世界のオペレーターが光ファイバーへの投資を継続的に増額し、ブロードバンド品質を向上させ、FTTR、OTNプレミアムプライベートラインなどのサービスを開発して、固定ネットワークの収益を増大させている。グリーンかつスマートシティーの基本要素であるオールオプティカル・ターゲットネットワークは次第に、産業のコンセンサスになってきた。

しかしながら、スマートシティー向けのオールオプティカル・ターゲットネットワークを構築する過程で、オペレーターは依然として、FTTH ODN構築における高コスト、緩慢なサービス設定、困難な管理などの課題に直面している。さらに、デバイス設置、ネットワーク展開、新規サービスの開発も差し迫った問題になっている。

Bill Wangファーウェイ光学製品ライン担当バイスプレジデントは「これらの問題を解決するために、ファーウェイはDQ ODNおよびEdge OTNシリーズ製品をリリースしてきた。これらの製品は、オペレーターがエンドツーエンドにわたり可視化可能で管理可能なオールオプティカル・ターゲットネットワークを迅速に構築することを支援するために設計されており、オペレーターのO&Mコストを大幅に削減し、さまざまな産業および家庭にデジタル世界への高速の入り口を提供する。これらの製品は、オペレーターがエンタープライズ市場を拡大し、家庭のブロードバンドエクスペリエンスを向上させるとともにコストを削減し収益を増大させる」と語った。

DQ ODNは、プラグアンドプレイ、リソースの可視化のためのスキャニング、プレコネクションによるワンクリックO&M、インテリジェントなイメージ認識、光学虹彩テクノロジーを実装するソリューションである。このソリューションを使って、オペレーターはエンドツーエンドにわたる可視化可能かつ管理可能なオールオプティカル・ターゲットネットワークを迅速に構築することができる。具体的には、このソリューションは以下の機能がある。

*低い挿入損失を備えるプレコネクション・テクノロジーは、多数の屋外および屋内ネットワークソリューションに適合するために使用される。これは、スプライシングなしのオールシナリオネットワーク構築をサポートし、ODN構築の問題を大幅に軽減し、構築の効率性を70%向上させ、TTMを30%軽減し、TCOを15%削減する。

*インテリジェントなイメージ認識と業界初の光学虹彩テクノロジーは、ODNリンクを通過した光学シグナルの主要なフィーチャー変更を自動検知するために使用され、ネットワーク管理プラットフォームでビッグデータモデリングおよび分析を実行する。このように、ODNリンクトポロジーおよびリソースは、可視化された方法で正確に管理され、長期間の精度は100%達成可能である。さらに、このソリューションはファーウェイのサービスプロビジョニングおよびフォールトロケーティング・プラットフォームと連動し、迅速なサービスプロビジョニングおよびフォールトロケーティングを実装することができ、オペレーターのO&Mコストを大幅削減する。

Edge OTNは、フルシナリオかつフルサービスの統合ベアラープラットフォームである。これは、屋内および屋外のキャビネットと、OLT/BBU共通キャビネット展開をサポートし、すべてのキャビネットでのインストレーションに適合し、統合アクセスサイトにおける高速の省エネトランスミッションの要件を満たす。

*LCoS光学スイッチング強化に基づくBlade-OXCは、1つの光学方向に1つのスロットをサポートし、空間利用量を75%削減する。この製品は小型で柔軟性があり、さまざまなシナリオで展開可能である。

*シリコン光学通信技術のおかげで、サイズおよび電力消費は60%以上削減される。さらに容量は5倍に増える。

*Liquid OTNテクノロジーは、OSUスライシング、2M-100Gへのサービスアクセス、オンディマンド・ヒットレス帯域幅調整、超低レイテンシーをサポートするために使用され、さまざまな産業にプレミアム接続を提供する。

高度に統合されたエッジOTNデバイスは、容易にOLTとの共同設置が可能で、それぞれの組織へのプレミアム接続を可能にする。大規模なエンタープライズは、OTN P2Pプライベートラインソリューションを使用し、プレミアムE2E接続を実現できる。多数の小規模および中規模エンタープライズ(SEM)向けに、ファーウェイは革新的なOTN P2MPを発売し、これらのエンタープライズが接続品質を迅速に向上させることを支援している。このソリューションは、オペレーターがプライベートライン市場空間を拡大することも支援する。

Bill Wang氏は講演で、オールオプティカルネットワークが産業にさらに適用され、デジタルトランスフォーメーションを推進し、スマートシティー向けのセキュアで効率的かつエクスペリエンス保証のオールオプティカル基地局を構築することができると述べた。光ファイバーは、工場や設備までに及ぶ。オールオプティカルネットワークは、混信防止、高帯域、低レイテンシーを備えるプレミアム接続を提供する。病院で使用されれば、光ネットワークは大量のデータ送信を確保し、遠隔医療をサポートする。

Bill Wang氏は最後に、オールオプティカルネットワークが家庭ブロードバンドおよびエンタープライズサービス収益の成長への主要な要因であると語った。オールオプティカルネットワークは、われわれの生活と仕事をさらに充実させ、デジタルトランスフォーメーションを推進する。ユビキタスな光接続は、無限の可能性をもたらす。

ソース:Huawei

添付画像リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=404586
(画像説明:Bill Wangファーウェイ光学製品ライン担当バイスプレジデントが基調講演)