2021年Yidan Prize for Education Development受賞のRukmini Banerji博士と2021年Yidan Prize for Education Research受賞のEric A. Hanushek教授

 

AsiaNet 91966 (2271)

【香港2021年9月28日PR Newswire=共同通信JBN】Eric A. Hanushek教授とRukmini Banerji博士は、「学習者の教育の質と結果を大規模に向上させる」という教育の難問における重要な要素に対応した画期的な取り組みが評価され、世界最高の教育賞である2021年Yidan Prizeを受賞した。

実績のある教育専門家で構成する独立審査委員会の厳格な審査過程を経て、Eric A. Hanushek教授とRukmini Banerji博士は2021年のYidan Prize for Education Research(教育研究のYidan Prize)とYidan Prize for Education Development(教育開発のYidan Prize)の受賞者に選ばれた。両者は2016年にYidan Prizeが創設されてから同賞を受賞した9人の受賞者に加わることになる。Yidan Prizeを創設したのは、教育の進歩と変化を引き起こす世界的な慈善教育財団のYidan Prize Foundation(Yidan Prize財団)である。

▽教育の質と学習結果を向上するために2021年の受賞者をサポート
スタンフォード大学フーバー研究所Paul and Jean Hanna Senior FellowのEric Hanushek教授が2021年Yidan Prize for Education Researchを受賞した。Hanushek教授の取り組みは教育の結果ならびに教育の質に重点を置き、研究と方針を世界的に変革した。同教授の取り組みは、学習結果の目標を再構成することで国連の持続可能な開発目標4(包括的かつ公平で質の高い教育の確実な実施)を方向付けることに貢献し、経済を促進するのは学生が何年の期間を学校ですごしたかではなく、学生がどれだけ多くのことを学んだかによるものであることを示した。

Hanushek教授はYidan Prizeの資金を利用してアフリカでのリサーチフェロープログラムを計画しており、教育を形作る分析能力をサポートする。

Pratham Education Foundation(https://www.pratham.org/ )の最高経営責任者(CEO)であるRukmini Banerji博士は、学習結果を向上させるための取り組みで2021年Yidan Prize for Education Developmentを受賞した。Banerji博士と同博士のチームが開発したAnnual Status of Education Report(ASER、教育状況年次報告)評価のアプローチは、学校に既に何年か通っていた子どもたちの識字能力と計算能力を明らかにした。このギャップを小さくするため、同博士のチームは「Teaching at the Right Level(TaRL、適切なレベルでの授業)」プログラムを使って学校および地域社会と共に取り組み、基本的な読み方と算数のスキルを提供し、子どもが誰一人として落ちこぼれないことを確実にした。インドでは何百万人もの子どもたちがこの体系的かつ再現可能なモデルで学んでおり、世界中にも広がりつつある。

Banerji博士はYidan Prizeの支援を受けながら、Prathamが小さな子どもたちと共に行う取り組みを強化・拡大する計画である。それにより、子どもの生活の早期段階でしっかりとした基礎が出来上がる。同博士は、こうすることで「全ての子どもたちが学校に行き、良く学ぶ」目標に大きく貢献できると信じている。

各受賞者には3000万香港ドル(約390万米ドル)が授与される。その半額はプロジェクト資金で、これによって世界の何百万人もの学習者の規模を広げてサポートする革新的かつ進歩的な一連の教育プロジェクトが可能になる。受賞者のプロジェクトは一体となり、教育を通して世界をより良い場所にすることに貢献している。

全ての受賞者(https://bit.ly/39u315L )はYidan Council of Luminaries(Yidan名士評議会、https://bit.ly/39sk602 )の会員になって協力して取り組み、集団として発言し、革新的な考え方による教育の復興と再考の重要性に光を当てる。

▽2022年Yidan Prizeの推薦は10月19日に受付開始
2022年Yidan Prizeの推薦は2021年10月19日から2022年3月まで受け付ける。

▽Yidan Prize FoundationとYidan Prizeについて
Yidan Prize Foundation(Yidan Prize財団)は世界的な慈善教育財団で、その使命は教育を通し、より良い世界を作ることである。そのイノベーター・ネットワークを通し、同財団は教育、とりわけ生活と社会を積極的に変える力を持つ教育の考え方と実践をサポートする。

Yidan Prizeは包括的な教育の栄誉であり、教育に大きく貢献した個人や集団を評価する。

https://yidanprize.org

ソース:Yidan Prize Foundation

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=402272

写真説明:2021年Yidan Prize for Education Development受賞のRukmini Banerji博士と2021年Yidan Prize for Education Research受賞のEric A. Hanushek教授

Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=402273
写真説明:国際的に実績のある教育専門家で構成する独立したYidan Prize審査委員会