AsiaNet 91936 (2261)

【深セン(中国)2021年9月27日PR Newswire=共同通信JBN】世界で有名な電子タバコブランドのSHENZHEN GEEKVAPE TECHNOLOGY CO., LTD(「Geekvape」)は27日、世界で初めて電子タバコに急速充電技術を採用した同社のSafe Fast Chargeが安全な急速充電のための厳格なTechnischer Uberwachungsverein(TUV)試験に合格したと発表した。このテクノロジーを搭載した製品は、15分でのUSB-Cを介した安全な急速充電と、バッテリーの超長寿命が保証される。

TUV(Technical Inspection Association)はドイツの独立した企業グループで、製品とソリューションの安全性、信頼性、持続可能性を試験、検査、監査している。2つの接続されたバッテリーを直列に装備したGeekvapeのSafe Fast Chargeテクノロジーは、300回以上のTUV充電・放電試験後に96.43%の充電電流・バッテリー容量を達成した。これは国際標準の80%を大きく上回っている。バッテリー部品は、バッテリーの温度と充電効率のバランスを適切に取り、安全な急速充電を実現する多電極充電・放電技術を採用している。

GeekvapeのSiner Kong製品マネジャーは「Geekvapeでは、最も厳格な世界的安全基準のみを順守している。当社のSafe Fast Chargeテクノロジーは、TUVやFCCなどの大手独立団体によって厳密に試験されてきた。その結果、真に安全かつ耐久性のある世界初の急速充電電子タバコ技術を実現したと自信を持って言うことができる」と語った。

市場にはさまざまなバッテリーブランドが存在するため、各電子タバコ製品の安全性、品質、価格は大幅に異なる可能性がある。メーカーが精力的にチェック・認定されていない低コストのバッテリーを購入すると、特に大電流の急速充電技術を使用している場合には、安全上の問題が発生する可能性がある。

Geekvapeは消費者に最高レベルの保護を保証するため、電子タバコ製品に独自の内蔵バッテリーのみを使用している。各々のGeekvapeバッテリーセルは、圧迫、ショート、落下、オーバーシュート、高温暴露、振動など、数万回の厳しいテストを受けている。その後、セルはメーカー側から厳密にチェックを受け、真に安全かつ革新的な急速充電体験が実現する。安全性を超えて、TÜV試験での卓越した実績はSafe Fast Chargeテクノロジーの計り知れない耐久性を実証し、容量減少により内蔵バッテリーが急速に劣化するという懸念を軽減する。

GeekvapeのSafe Fast ChargeテクノロジーはTUV試験に加え、IEC61960とICE62133の世界バッテリー安全規制基準に合格している。

ソース:Geekvape