AsiaNet 91002 (1792)

【プノンペン(カンボジア)2021年8月5日PR Newswire=共同通信JBN】Pizza Hut Internationalは、現代的な食事体験が成長傾向にあるカンボジア人に世界レベルの味のピザを届けるため、2021年8月にカンボジアに進出する。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1587179/Pizza_Hut_Cambodia.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1284371/Pizza_Hut_International_Logo.jpg

第1号店は、プノンペンの外国人居住者とビジネスの拠点で人気のあるロシアンマーケットの近くにオープン予定。今後数カ月でさらに2店舗が開店する。フランチャイズ・パートナーのUnited Food Group(UFG)は2、3年以内に30店舗のオープンを計画している。同社は地元企業で、現在20カ所で営業しているカンボジアの人気レストランPark Cafeを所有している。

Pizza HutのUnnat Varmaアジア太平洋マネージングディレクターは「Pizza Hut InternationalはUnited Food Groupと提携し、カンボジアで市場初のピザハットをオープンすることを誇りに思う。豊かな文化と遺産のある土地、カンボジアに進出できることにわくわくしている。新しいピザハットは、向上心のあるカンボジアの人々に世界で一番おいしいピザを経験する最も手ごろな方法を提供するため、イートイン、デリバリー、テイクアウト、デジタル注文を含む全チャンネルで極めて現代的でおいしいピザ体験を目玉とする」と述べた。

United Food GroupのHeng Senglyグループ最高経営責任者(CEO)は「当社は、ピザハットがカンボジアの人々に選ばれるピザブランドになると信じている。当社は世界レベルの味のピザを適正価格で消費者に提供し、現代的なピザ体験を促進することを目標とする。自由に使える収入のあるカンボジア人の数は急速に増加しており、彼らは現代的なライフスタイルを向上させるためのブランドや商品を求めている」と語った。

Sengly氏は続けて「多くのカンボジア人がより多忙な仕事生活を送り、より多くの額をレジャーや高級な食品に費やすのが新たな傾向となっている。つまり、自炊をして自宅で食事するのが当たり前ではなくなってきた。そのため、カンボジアの人々がピザハットのおいしいピザの入手をより簡単にするため自分達の役割を果たしたい」と述べた。

▽Pizza Hut(R)について
Yum! Brands, Inc.(NYSE:YUM)の子会社であるピザハットは、他のどのピザ会社より世界に多くのレストランを持つ。カンザス州ウィチタで1958年に創業したピザハットは、100カ国以上で1万8000店以上のレストランを運営している。ピザハットは注文から配達まで簡単なピザ体験を提供することにコミットしている。

レストランはこれまで以上に、安全に家族に食事させる手助けをする上で重要な役割を担っている。アジア太平洋地域最大のピザブランドとして、ピザハットはその役割を果たすことにコミットしている。チームメンバーと顧客の安全を確保するため、顧客はカーブサイドピックアップ、デリバリー、キャリーアウトという3つの非接触の選択肢を用いてピザハットのお気に入りのピザを入手することができる。詳細は次を参照:www.unitedfood.com.kh/en/

▽United Food Group(UFG)について
United Food Group(UFG)は、シンガポールに拠点を置くEMIA Investments CambodiaとV-Trust Groupが株式の過半数を所有する食品チェーン企業。UFGはカンボジアの人々に世界のわくわくするような体験とおいしくて健康的な食事を提供することを目的として、2020年に設立された。UFGは2004年に設立された大手地元ブランドのレストラン、Park Cafeを完全に所有している。2020年末の時点で、Park Cafeはプノンペン、コンポンチャム、シアヌークビル全域に20店舗を構えている。UFGは、不動産部門でビジネスパートナーや最終顧客に向けた統合ソリューションのワンストップショップで、米国のセンチュリー21、ERA、Coldwell Bankerのマスターフランチャイズライセンスも運営している不動産会社Zillenniumの姉妹企業でもある。

ソース:Pizza Hut International