2021年7月30日
ダイドードリンコ株式会社

財布を持ち歩かなくて済む新しい決済手段が登場!

QRコードを自動販売機にかざして飲料が購入できる

新機能「QRオフィス決済」を導入

 

 ダイドードリンコ株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役:中島 孝徳、以下ダイドードリンコ)は、自動販売機(以下、自販機)にQRコードをかざして飲料の購入ができる、新機能「QRオフィス決済」対応自販機を導入いたしました。

 


 

 昨今、人々の価値観や行動様式、また働き方など社会全体が大きく変容する中、自販機も時代に合わせて進化していく必要があると当社では考えています。

 

 このたび新たに導入した決済手段「QRオフィス決済」は、職場での自販機利用の際に、あらかじめ印刷もしくはスマートフォンで表示したQRコードを自販機に取り付けた読み取りカメラにかざすことで「財布いらず」で飲料購入が可能になるというものです。

 そのため、当社では、オフィスや工場といった施設内の従業員の方々や、来客を中心に便利にご利用いただけるものと考えており、さらに施設管理者が従業員に対し、例えば福利厚生として1日1本の飲料を提供するなど、熱中症対策として水分補給を促進するきっかけにもつながるものと期待しております。下記、QRオフィス決済」使用例をご覧ください。

 

 ダイドードリンコは、国内飲料事業における売上の8割以上を自販機チャネルが占めるなど、業界有数の自販機網を主力チャネルとして事業活動を展開しています。

 今後も2030年までの長期ビジョン「グループミッション2030」のもと、自販機ビジネスを“もっと身近で毎日の生活に役立つビジネスへ進化させる”という基本方針に基づき、自販機のイノベーションを推進してまいります。

 

※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です

 

QRオフィス決済」使用例