AsiaNet 90231

パリ, 2021年6月22日 /PRNewswire/ -- アニメシリーズの国際的な大手制作・配信会社であり、キッズ・ファミリー向けエンターテインメントブランド構築も手掛けるCyber Group Studiosは、本日、株式会社スクウェア・エニックスと、時代を超えた名作であるファイナルファンタジー(R) IXの初のアニメシリーズ化について独占的オプション契約を締結したことを発表しました。

Cyber Group Studiosは、パリおよびルーベー(フランス)の社内スタジオでシリーズの制作を行うほか、世界向けの配信、商品化ライセンス事業も担当します。

ファンからの高い支持を誇るファイナルファンタジー(R) IXを原作とするこの冒険アニメシリーズは、主に8歳から13歳のお子様と、ご一緒に視聴される家族の方を対象としています。また、作品では、スクウェア・エニックスの監修の下、ゲームの世界を再現したアニメ化を行いながら、プロダクション・バリューとエンターテインメントとしての価値を大きく高める追加要素も取り入れます。このため、ゲームプレイヤーの方にもお楽しみいただける作品になる予定です。

「親交のあるスクウェア・エニックスの皆さんとともに、このような素晴らしい冒険に乗り出せることを、光栄かつ大変喜ばしく思っています」と、Cyber Group Studioの取締役会長兼CEOであるPierre Sissmannと、COOであるDominique Bourseは口をそろえます。二人は続けて、「アニメシリーズ化作品を、お子さんから大人の方まで、世界中にいる億単位のファンや新たな観客の皆さんに初めてお届けするということは、非常に大きな挑戦ではありますが、それだけに大変誇りに感じています。これは、フランスとアメリカの私たちのチームにとって、夢の実現とも呼べることです。この素晴らしいブランドに敬意を払いながら、最高のエンターテインメント作品を制作できることを今から楽しみに思っております」と述べています。 

Cyber Group Studiosについて

Cyber Group Studiosは、アニメシリーズの大手制作・配信会社であり、同時に、世界中のキッズ・ファミリー向けのグローバルなエンターテインメントブランドの開発も手掛けています。2005年設立で、約150名の従業員を擁するCyber Group Studiosは、パリ(フランス)とロサンゼルス(アメリカ)にオフィスを、パリとルーベー(フランス)にスタジオを置き、ロシアおよび中国に確固とした戦略的パートナシップを構築しています。  Cyber Groups Studiosは放送局、デジタルプラットフォーム、劇場向け、さらに直販型(ホーム・エンターテインメント、インタラクティブゲーム、コンシューマー向け製品)のコンテンツの制作およびプロモーションを行っています。  Cyber Groups Studiosは、世界中でお子様と家族の方に響くコンテンツのマネジメントに専心してきており、これにより、数々の国際的な賞を受賞しています。  詳細はウェブサイトをご覧ください。 www.cybergroupstudios.com

Eve Cohen – International Sales, Marketing and Communication Coordinator ecohen@cybergroupstudios.com

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1538408/CyberGroupStudios_Logo.jpg

(日本語リリース:クライアント提供)