・ブロックチェーンや暗号資産技術の研究、開発、サービス提供に1億米ドルを追加投資
・複雑な分散型金融領域(DeFi)でのスマートコントラクトのテストやシミュレーションを行う新しいソリューションを提供開始
・イーサリアムブロックチェーンのパブリックドメインにリリースするゼロ知識証明(ZKP)ベースのコンパイラのプロトタイプ開発に貢献

EYは、ブロックチェーン分野により注力していくことをお知らせします。その一環として、同分野への追加投資、ソリューションポートフォリオの拡大、ならびにパブリックドメインへのプロトタイプのリリースなどを行います。追加投資額は1億米ドル超で、暗号資産・ブロックチェーン技術に関する研究、開発、サービスを増強します。今回の追加投資は、2020年9月にEYが発表した、2021年度に15億米ドルを投じて監査、テクノロジー、人材育成分野を強化するEY NextWave戦略に続くものです。また、伊ビッラ・ペローニ社による「EY OpsChain Traceability」の活用が本格始動するなど市場展開も進んでいます。

今後、複数の当事者を巻き込んだ企業間取引においてトークン化とスマートコントラクトの活用は欠かせないものになるでしょう。そのような新時代の到来に鑑み、EYでは追加投資を通じてブロックチェーン領域における新製品の開発を加速させるとともに、ユーザーエクスペリエンスの向上、市場へのさらなる展開を図ります。

EYのグローバル会長兼CEOカーマイン・ディ・シビオは次のように述べています。
「EYでは、過去5年間にわたり、ブロックチェーン分野への投資に力を入れ、さまざまな革新的ソリューションを開発してまいりました。これにより、この先端的な業界でリーダーとしての地位を確立することができました。ブロックチェーンの採用は拡大傾向が続いており、クライアントの需要は一層高まることが想定されるため、EYはさらなる投資を行い、クライアントのニーズや複雑な課題に対処していまいります」

新設したテストスタジオで複雑な分散型金融(DeFi)エコシステムをサポート:
EYは、第2世代のスマートコントラクト/トークンレビューツールの一部として新設したテストスタジオを活用したサービスの提供を開始しました。同テストスタジオは、blockchain.ey.com上で
「EY Blockchain Analyzer」ツールを通じて利用でき、複雑な分散型金融エコシステムで活用が見込まれる複数の新しいケイパビリティをサポートします。コンプライアンステストと従来のコードレビューの組み合わせを特徴とするEYのテストスタジオで、カスタマイズされたスマートコントラクトテストやメインネット取引のシミュレーションを行うことが可能です。

本テストスタジオのリリースは、 2019年にEYが発表したERC-20ベースのスマートコントラクトを対象に100件以上のテストをサポートした実績に基づくものです。ERC-20は、イーサリアムのブロックチェーン上の多くのスマートコントラクトに使用される技術標準です。

資産のトークン化の分野におけるパイオニアSolidBlock社の共同CEO兼創設者であるYael Tamar氏は次のように述べています。
「弊社は、EYのテストスタジオでスマートコントラクト/トークンレビューツールを使って、プロパティを裏付けとしたセキュリティトークンを発行するスマートコントラクトのレビューを行い、非常に建設的な成果を得ることができました。スマートコントラクトを実際にネットワーク上に展開する前にそのパフォーマンスを確認するためのシミュレーションを行い、ブロックチェーン分野で広く知られている攻撃に備えたセキュリティテストを実施できたことは非常に有意義でした。今回のテストは、弊社が金融商品の市場投入に備えて、標準化されたスマートコントラクトの設計要件を満たしているか確認するためのプロセスの一要素です。弊社は引き続き、EYのテストツールを活用して多くの新商品を市場に展開していまいります」

プライベートなビジネスロジックに対応するプロトタイプコンパイラの開発に貢献:
EYは、パブリックドメインのゼロ知識証明(ZKP)を活用したプロトタイプコンパイラへのソースコードについても貢献しています。このプロトタイプは「Starlight」と呼ばれるもので、ネットワークレベルでは当事者間でビジネスロジックが共有されなければならないものの、競合他社に対してはプライバシー保護を確保する必要があるなど、複雑な企業間契約のニーズをサポートします。EYでは2019年4月にも独自のZKPプロトコル(「Nightfall」)をパブリックドメインにリリースしています。これは、企業がパブリックブロックチェーン上で取引内容を秘匿したまま安全に処理できるようにする匿名化プロトコルです。

企業は共有ネットワーク上で商業上の機密を保持する難しさを認識し始めており、データの主権やプライバシーに関する懸念は急激に高まっています。「Nightfall」と「Starlight」はこのような企業の懸念に対処するために開発されました。パブリックドメインに「Nightfall」をリリースして以来、EYは、データの主権とプライバシーに関するビジネスロジックを組み込む方法を特定すべく取り組んでいます。さらに、許可リストや拒否リストなどの規制遵守ルールや、プライバシーを考慮したボリュームディスカウントなどを実装してきました。コードの詳細は、https://github.com/EYBlockchain/starlightでご確認ください。

Enterprise Ethereum Alliance (EEA) Mainnet Interest Groupの共同議長兼イーサリアム財団のエコシステムサポートであるTas Dienes氏は次のように述べています。
「ZKP技術は、パブリックブロックチェーンのエコシステムを支える非常に重要な要素となりつつありますが、新規開発者には少々敷居が高いものとなっています。今回のEYのソリューションや関連ツールは、プライバシーが保護されたブロックチェーンアプリケーションのエコシステムを拡大する一助となるでしょう」

EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社Digital&Emerging Technologiesリーダーである松尾康男は次のように述べています。
「イーサリアム上でのNFTを活用した資産のトークン化やスマートコントラクトによる業務処理の自動化は、企業間取引の効率性を抜本的に変革するものです。EYではパブリックブロックチェーン上での機密情報の取り扱いや規制遵守、取引コストの問題などの課題の解決に貢献しながら、引き続き国内でも取り組みを強化していきます」

※本プレスリリースは、2021年5月17日(現地時間)にEYが発表したプレスリリースを翻訳したものです。英語の原文と翻訳内容に相違がある場合には原文が優先します。

英語版プレスリリース:
https://www.ey.com/en_gl/news/2021/05/continued-ey-investments-in-blockchain-market-to-support-increased-demand

EY Japanのウェブサイト:
https://www.ey.com/ja_jp/news/2021/06/ey-japan-news-release-2021-06-14-02

〈EYについて〉
EY | Building a better working world
EYは、「Building a better working world(より良い社会の構築を目指して)」をパーパスとしています。クライアント、人々、そして社会のために長期的価値を創出し、資本市場における信頼の構築に貢献します。
150カ国以上に展開するEYのチームは、データとテクノロジーの実現により信頼を提供し、クライアントの成長、変革および事業を支援します。
アシュアランス、コンサルティング、法務、ストラテジー、税務およびトランザクションの全サービスを通して、世界が直面する複雑な問題に対し優れた課題提起(better question)をすることで、新たな解決策を導きます。

EYとは、アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドのグローバルネットワークであり、単体、もしくは複数のメンバーファームを指し、各メンバーファームは法的に独立した組織です。アーンスト・アンド・ヤング・グローバル・リミテッドは、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。EYによる個人情報の取得・利用の方法や、データ保護に関する法令により個人情報の主体が有する権利については、ey.com/privacyをご確認ください。EYのメンバーファームは、現地の法令により禁止されている場合、法務サービスを提供することはありません。EYについて詳しくは、ey.comをご覧ください。
本ニュースリリースは、EYのグローバルネットワークのメンバーファームであるEYGM Limitedが発行したものです。同社は、英国の保証有限責任会社であり、顧客サービスは提供していません。

〈EYのコンサルティングサービスについて〉 
EYのコンサルティングサービスは、人、テクノロジー、イノベーションの力でビジネスを変革し、より良い社会を構築していきます。私たちは、変革、すなわちトランスフォーメーションの領域で世界トップクラスのコンサルタントになることを目指しています。7万人を超えるEYのコンサルタントは、その多様性とスキルを生かして、人を中心に据え(humans@center)、迅速にテクノロジーを実用化し(technology@speed)、大規模にイノベーションを推進し(innovation@scale)、クライアントのトランスフォーメーションを支援します。これらの変革を推進することにより、人、クライアント、社会にとっての長期的価値を創造していきます。詳しくはey.com/ja_jp/consultingをご覧ください。