AsiaNet 90050 (1330)

【長沙(中国)2021年6月11日PR Newswire=共同通信JBN】2021年5月19日(現地時間)、Changsha International Construction Equipment Exhibition(長沙国際建設機械展示会、CICEE 2021)が中国・長沙で始まった。4日間の会期中、Techking(テッキング)はインテリジェントでカスタマイズされたクレーン用タイヤソリューションを披露し、ビジターの関心を集め、展示会のテーマ「Intelligent New Generation Construction Machinery(インテリジェントな新世代の建設機械)」に共鳴した。

主催者によると、CICEE 2021は30万平方メートルの展示エリアで展開し、1450社の企業出展者を招いた。Caterpillar、SANY Group、日立建機、リープヘル、Terex Group、ズームライオンを含む世界のエンジニアリング機械企業トップ50社のうち32社が展示会に参加した。

展示会でTechkingは、いずれも独自のTechking Intelligent Control System(TIKS)を搭載したタイヤのETCRANE(https://www.techking.com/html/PRODUCT_SOLUTION/Crane/20190326_461.html )とCRANE80(https://www.techking.com/html/PRODUCT_SOLUTION/Crane/20200311_528.html )を紹介した。これらのクレーン用タイヤは、テクノロジーイテレーションを活用して顧客固有の使用条件にカスタマイズし、安全性に一切妥協しないため、さまざまな使用シナリオに最適である。Techkingの特注タイヤを装備したSANYのラフテレーンクレーンSRC1100T(吊り上げ荷重110トン)はSANYの屋外ブースで次々にビジターを引き付けた。

TIKSはTechkingのタイヤの知能化の最新成果を代表する。センサー経由で車両のインターネットと接続するこのシステムは、温度、圧力、軌道などのオペレーションデータをリアルタイムで監視し続け、車両救助、コンサルテーション、修理などのサービスを容易にする。さらにタイヤの安全性を劇的に向上させ、フリートの意思決定にデータ支援を提供する。

これまで、Techkingの特注クレーン用タイヤは、SANYのクレーン6機種(SAC3000Tなど)、ズームライオンのクレーン9機種(ZAT5000など)、XCMGのクレーン3機種(XCA550など)に採用されている。海外市場では、Tadano DemagがAC55、AC100、AC130、AC700からAC1000に至る10機種以上のクレーンでTechkingタイヤを標準装備に採用している。

統計によると、Techkingのタイヤは、輸出高で国内クレーン用タイヤのトップに位置している。Techkingはグローバル化を進める中で中国のタイヤ業界でリーディングカンパニーになった。

2005年の設立以来、Techkingは160カ国以上で鉱業と建設業の企業と取引し、SANY、リープヘル、タダノ、XCMG、ズームライオン、サンドビックグループなど約40の有名メーカーにカスタマイズされたサービスを提供してきた。Techkingの大口顧客はリオティント、グレンコア、BHP、Zijin Miningなど、鉱業と建設業の世界的な大手企業である。詳細はTechkingの公式ウェブサイトhttps://www.techking.com/ を参照。

ソース:Techking Tires Limited