2021年5月19日
株式会社TBグループ

感染症対策に有効な高性能クリーンエアシステム搭載 宿泊用カプセルボックス“まゆ玉クリーン”を初受注 <阪神電気鉄道株式会社 様>

 
株式会社TBグループ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:村田三郎)は高性能クリーンエアシステムを搭載した宿泊用カプセルボックス“まゆ玉クリーン(特許出願済み)”を阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:秦雅夫)(以下 阪神電気鉄道)様より受注いたしました。
“まゆ玉クリーン”は昨年11月より効果測定とマーケティングを実施し、本年2月より販売開始しており、今回が初の受注となります。納入時期は6月を予定し、阪神電気鉄道様の鉄道電気施設の保守係員の詰所2か所にまゆ玉クリーンを合計30床設置いたします。

 
<受注までの経緯>
健康の維持と感染症対策
阪神電気鉄道様では、今般のコロナ禍においても社員の健康を維持すべく、各セクションの役割や規模などに応じた対策を取られています。この度、当社は阪神電気鉄道様の都市交通事業本部 電気部(以下 電気部)よりお声がけをいただき、“まゆ玉クリーン”をご提案差し上げました。

 
課題・目的
阪神電気鉄道様の電気部では、鉄道電気設備の保全を行うため多くのスタッフが所属しており、昼夜を問わず業務が遂行されています。そしてその絶え間ない業務では仮眠・休憩施設は必要不可欠です。
しかし、このコロナ禍においては、仮に1人でも感染者が発生した場合、濃厚接触者を含めて就業できません。人員の臨機応変な対応が必要となり、安定的な業務遂行に大きな支障を来す恐れがあることから、感染症対策を考慮した上での仮眠・休憩施設の活用方が喫緊の課題となっていました。

 

ご提案・ご注文
このような課題に対して当社は“まゆ玉クリーン”を中心としたご提案(感染症に対する有効性確認試験の結果の説明や最適なレイアウト、施設内の抗菌加工など)を行いました。そしてその効果に高い期待をいただいた結果、ご採用いただくこととなりました。

TBグループは“まゆ玉クリーン”を今後も宿泊・旅行業界のみならず、今回のような恒常的な感染症対策についてのご提案を、福利厚生用途を中心に、さまざまな業界に対して推進してまいります。

 
参考資料リンク

プレスリリース 2020年11月9日
高性能クリーンエアシステムを搭載しウィルス対策した宿泊用カプセルボックスをTBグループ が日本エアーテックと共同開発
https://www.tb-group.co.jp/news/pdf_pr/20201109_CleanAirCB.pdf

プレスリリース 2021年2月12日
高性能クリーンエアシステムを搭載してウィルス対策した宿泊用カプセルボックス“まゆ玉クリーン”の効果測定結果について「感染症対策としての有効性を確認」
https://www.tb-group.co.jp/news/pdf_pr/20210212_MAYUDAMAClean-yukousei.pdf

まゆ玉クリーン PR動画
https://www.tb-group.co.jp/mv/index.html

 

この件に関するお問い合わせ先 株式会社TBグループ 事業推進本部 岡 電話03-5684-5425

以上