CICPEの会場、海南国際会議展示センターの夜景

AsiaNet 89431 (1010)

【海口(中国)2021年5月10日新華社=共同通信JBN】第1回China International Consumer Products Expo(中国国際消費財博覧会、CICPE)が10日閉幕する。新しい海口を世界に宣伝する使命を持って、海南は終わることのない「消費財博覧会」創出に向け努力している。

会期4日間の博覧会は、商務省と海南省政府が共催し、総展示面積8万平方メートルの会場に、約70の国・地域から1500人近くの国内外の出展者が参加した。

博覧会の会場である海口は、細心の注意を払って世界一流の製品の収集を呼び物にし、幅広いサービスを提供する博覧会を企画・主催、海南自由貿易港(FTP)の省都の新しいイメージを世界に示した。

近年、海口は常にビジネス環境を最適化し、インフラと地元の人々の福祉を改善するために多大な努力をしてきた。中国の魅力的都市、中国で最も幸せな都市、中国の美しい10大都市の1つといったタイトルを受賞してきた。

海口では、National Sailing Base(ナショナルセーリングベース)の公共桟橋とホリデービーチでマリンスポーツを体験でき、ミッションヒルズリゾートではゴルフができる。さらに海口火山群世界地質公園では奇妙な地殻溶岩を探査し、海口騎楼老と五公祠景勝地区では中国の歴史と文化を感じることができる。

海口は「珍味の集まる場所」でもある。夜の市場は明かりと香りでいっぱいだ。そして海南麺、薬味のきいたスープとご飯、古いソルトレモネード、ココナッツチキンなどの郷土料理が観光客の間で長い間好評を得ている。

「海口を旅して世界中で買い物をする」ことが中国の消費者の願望だ。海口には現在4つの免税店があり、品質が良く、価格も安い。購入した後、空港、鉄道駅、港で迅速に品物をピックアップできるから便利だ。

海南FTPの建設の加速に伴い、海南は消費財博覧会の効果を高め、独自の地理的およびビジネス上の利点だけでなくFTPの政策上の利点を十分に活用し、「グローバルに購入し、グローバルに販売する」という目標を実現するため、海口に世界的に影響力のある消費者ブティックセンターの構築を計画している。

ソース:China International Consumer Products Expo

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=390910
画像説明:CICPEの会場、海南国際会議展示センターの夜景