AsiaNet 89040 (0808)

【シンガポール2021年4月19日PR Newswire=共同通信JBN】
*今日の船舶の販売と購入にデジタルトランスフォーメーションを活用

COVID-19は海運業に悪影響を及ぼし、混乱させた。世界のサプライチェーンは、多くの経済が景気後退に巻き込まれる中で旅行制限により停止に追い込まれた。Marine Onlineは、付加価値サービスを伴う1つのプラットフォームを通じたデジタル化された船舶の販売と購入により、パンデミックに対する回復力を実証した。

Marine Onlineは、従来のような船舶の売買をテクノロジーに置き換えている。そのスマートなマッチングシステムは、世界中の造船所による新しい造船サービスを含め、さまざまな造船会社の20万隻以上の船舶のデータを統合する。これにより、認証および調査の詳細なリストとともに、仕様書に従って最適にマッチした船舶の効果的な調達が容易にできるようになる。このチャネルはまた、船舶のリアルタイムの位置、査定の範囲、世界の海運の最新ニュースなどの知見に満ちたデータも提供し、顧客の利益を保護し、情報に基づく意思決定を可能にする。

取引後、船主は、曳航、検査、メンテナンスを含め新しく購入した船舶の一連の包括的な海事サービスに競争料金でアクセスすることができ、これらはすべてMarine Onlineのグローバルな公認サービスプロバイダーのネットワークにより実施される。なかでも、船主には、Marine Onlineが発行したクレジットを使用してサービスに対する料金を迅速に支払うオプションがある。この全プロセスを通じて、買い手と売り手の双方がビジネスの機密保持を保証されている。

Marine OnlineのSam Ng販売・購入チーム担当バイスプレジデントは「海運は国際貿易のバックボーンである。世界の貿易量の80%、および世界の貿易額の70%は海上輸送され、世界中の港で取り扱われている。当社のプラットフォームは、買い手、売り手、サービスプロバイダーを統合して海運(出荷)エコシステムをサポートしている。これは、デジタル化による持続可能な海運の成功を達成するため、従来のアプローチから進化するための当社のステップである」と述べた。

Marine Onlineは、海事専門家に付加価値ソリューションを提供する顧客中心のプラットフォームである。これまでにMarine Onlineは、インドネシア、中国、シンガポール、ベトナムなど世界中の買い手と売り手の双方のために取引を行っている。

▽Marine Online (Singapore) Pte Ltd
Marine Onlineは、世界市場向けの海事サービスを専門とする世界初のワンストップ統合プラットフォームである。2019年創設の同社は、その革命的なAIおよびビッグデータ対応プラットフォームを通じて、さまざまな海事サービスを地域の船舶および貨物のオーナーに提供している。8つの主要なサービスのポートフォリオを有するMarine Onlineは、最先端のテクノロジーを使用してビジネス機会とコネクションを創出することで海事の未来を形成している。詳細は、marineonline.com を参照。

ソース:Marine Online (Singapore) Pte. Ltd.