AsiaNet 89013 (0799)

【ヒューストン2021年4月15日PR Newswire=共同通信JBN】Ascend Performance Materialsは、中国・蘇州にある現地製造とイノベーションセンターへの投資と、ポリアミド66を超えた製品を含む製品ポートフォリオの拡大を行った後、アジア最大のプラスチック見本市に戻ってきた。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1486368/Ascend_Chinaplas_booth.jpg
Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1326397/ASCEND_Logo.jpg

2020年と2021年初め、Ascendは蘇州にあるコンパウンド施設と、PA66、PA6、マスターバッチを専門とするイタリアのメーカー2社、および難燃性化合物を専門とするフランス企業をそれぞれ買収した。同社はまた、HiDur(TM)長鎖ポリアミドとActeev(TM)抗菌プラスチック、繊維、ファブリックを発売した。

Ascendは、ポートフォリオと製造拠点の拡大により、成長するeモビリティー、電気および電子、および消費者の各セグメントに完璧にサービスを提供することを目指している。

AscendのKevin Wuアジア担当上級副社長兼マネジングディレクターは「当社の予測される需要の伸びの大半は、中国とアジアにある。蘇州にある当社の施設は、顧客の成長拡大への対応を強化し、拡大する現地のイノベーションセンターは特定の顧客アプリケーション向けに新しい素材を迅速に革新し、テストすることを可能にする」と述べた。

Ascendは5カ年計画の下で事業展開しており、現行の計画は、同社を顧客にとってよりグローバルで、多様で、信頼できるサプライヤーに転換することに重点を置いている。

AscendのPhil McDivitt社長兼最高経営責任者(CEO)は「当社の過去1年間にわたる投資の結果、われわれはアジアおよび欧州の顧客により一層近づき、PA66および特殊ポリアミドの製品ポートフォリオを拡張し、当社の技術リソースを拡大して顧客とより緊密に連携できるようになった」と語った。

同社は、幅広いポートフォリオを特徴としている。これにはULイエローカード認定Starflam(R)難燃性ポリアミドの新ライン、高温Vydyne(R)XHT、HiDura LCPAのポートフォリオ、Acteev製のアパレルとマスクが含まれており、深センで4月13-16日開催のChinaplas 2021のSWECCブース17L40で展示紹介中。

▽Ascend Performance Materialsについて
Ascend Performance Materialsは、日用必需品や新技術向けの高機能材料を製造している。当社は、イノベーションを通じた生活の質の向上とより良い明日をもたらすことに注力している。テキサス州ヒューストンに本社があり、上海、ブリュッセル、デトロイトに地域事務所を置く当社は、米国、欧州、中国に9つのグローバル製造施設を持つ完全統合型のマテリアルソリューション事業者である。世界で2600人の従業員は、より安全な車両、よりクリーンなエネルギー、より優れた医療機器、よりスマートな電化製品、より長持ちする衣料や消費財の製造に使用されるプラスチック、ファブリック、繊維、化学品を製造している。当社は、安全性、持続可能性、そして顧客と地域社会の成功にコミットしている

詳細は、www.ascendmaterials.com を参照。

▽問い合わせ先
Alison Jahn
+1 713-210-9809
ajahn@ascendmaterials.com

ソース:Ascend Performance Materials