自作の竹箸で流しそうめんを楽しむ児童=川北町橘の料理店

撮れたてニュース

流しそうめん楽しみ涼感じる 川北町橘小6年生

2018/07/14 02:20

 川北町橘小の6年生34人は13日、同町橘の料理店「喜水苑(えん)」を訪れ、自作の竹箸で流しそうめんを楽しみ、涼を感じ取った。

 

 児童は同日早朝に能美市の山林から切り出された竹を削って箸を作った後、中庭に竹を組んで作られた全長約15メートルのそうめん台に集まった。小竹幹春社長(48)らが流すそうめんを競うようにすくい上げ、つゆに付けて味わった。

 

 小竹社長が母校への恩返しの気持ちを込めて毎年招待している。