胴上げされる伊藤監督=魚津市の魚津桃山運動公園野球場

地域スポーツ

サンダーバーズ後期優勝

2018/09/03 02:00

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグで西地区後期優勝へのマジックナンバーを「1」としていた富山GRNサンダーバーズは2日、魚津市の魚津桃山運動公園野球場で石川ミリオンスターズと対戦し、6―3で逆転勝ちして、2017年前期以来6度目の優勝を決めた。

 

 伊藤智仁監督は「日本一を勝ち取る権利を得た。ここまで来たからには目指していきたい」と話した。富山は西地区優勝を懸け15~17日、前期優勝の福井との2勝先勝の地区チャンピオンシップに臨む。

 

 後期優勝の懸かった大一番、先発のラミレスは7回2失点と石川打線を抑えた。打っては五回に榎本が同点、海老原が逆転の適時打を放ち、七回には長尾、キムの二塁適時打で3点を加えて勝負を決めた。

 

 次戦は8日に高岡市営城光寺野球場で新潟アルビレックスBCと対戦する。