長谷川さんが作ったオブジェ=富山市古沢

ホッとニュース

カボチャに朝乃山描く 秋場所盛り上げ

2020/08/24 01:19

 大相撲秋場所を盛り上げようと、県警OBらでつくる「富山を楽しくする会」の長谷川敏博事務局長(69)は、オモチャカボチャを活用して人気力士のオブジェを作った。大関朝乃山(富山市呉羽町出身、富山商高OB、高砂部屋)や横綱の白鵬、鶴竜ら25人程度を仕上げ、一部は富山市古沢地区センターに展示した。

 

 畑で栽培した卵やヒョウタン型のオモチャカボチャに水性ペンキで肌やまげ、化粧まわしを描いた。乾燥させた後、フェルトペンで顔の表情や化粧まわしの細かなデザインを描き込んだ。

 

 長谷川さんは「次こそは優勝して力を見せつけてほしい」と話し、朝乃山の活躍に期待している。