合唱曲「TODAY」を練習する生徒=砺波高

ホッとニュース

OB、生徒「合作」で合唱曲 砺波高創立110周年記念

2019/09/26 01:27

 砺波高の創立110周年を記念した合唱曲「TODAY」が完成した。音楽、芸術イベントを企画する「ビッグノーズ」(東京)の社長で、同校OBの森松宏介さん(37)=南砺市出身=が作曲を担当。生徒から募集した言葉を歌詞に取り入れ、「今日を大事に」と積み重ねの大切さを表現した。30日に市文化会館で開かれる合唱コンクールの課題曲として各学年が披露する。

 

 森松さんの依頼で、フリーライターの中﨑史菜(ふみな)さん(27)=富山市出身=が作詞を担当し、派手さはないが、勉強もスポーツも地道にこつこつと努力する校風を表現した。生徒が寄せた「グラウンド」「ハンバーガー」といった言葉を採用し、さわやかなポップス風に仕上げた。

 

 既に合唱の練習が始まっており、25日も各学年が歌声を響かせた。3年生の中美雅(みやび)さんは「男女パートがバランスよくあり、歌いやすい」、掃部(かもん)裕暉さんは「後半のさびの部分で自分の気持ちが入る」と、気に入った様子だった。

 

 30日の合唱コンクールに出席する森松さんは「生徒に受け継いでもらえればうれしい」と話した。

 

 10月25日に砺波市文化会館で行われる記念式典でも全校生徒が「TODAY」を合唱する。同日は、OBで味の素アミノサイエンス事業本部の小林久峰さんの記念講演や、OGでピアニストの原綾佳さんの演奏会もある。