コイを放流する園児=高岡市福岡町土屋

コイさん大きく育ってね 小矢部川で稚魚放流

2020/10/30 01:44

 小矢部川漁業協同組合のコイの稚魚放流は29日、高岡市福岡町土屋の土屋親水公園で行われ、高岡第一学園福岡ひばり園の年長児46人がマゴイ約600匹を小矢部川に放した。

 

 園児たちは、県養鯉振興会が約1年半かけて体長15~20センチに育てたコイを、バケツに入れて浅瀬に放ち、泳ぐ姿を観察した。石田彩(あ)実(み)ちゃん(5)は「コイが元気に泳いでいて、かわいい」と話した。

 

 井村昭彦小矢部川漁協代表理事組合長が「多くの生き物が暮らす川の環境をみんなで守りましょう」とあいさつし、県養鯉振興会の成田戦一会長がコイの生態を説明した。