大仏の汚れを拭き取る奉賛会員=高岡市大手町の大仏寺

コロナ収束願い、お身ぬぐい 高岡大仏

2020/09/23 01:29

 高岡大仏特別法要は22日、高岡市大手町の大仏寺で営まれた。高岡大仏奉賛会員10人が恒例の「お身ぬぐい」で高さ約7メートルの大仏を清め、新型コロナウイルスの収束を願った。

 

 境内で見物客が見守る中、白装束に身を包んだ奉賛会員がはしごで台座に上がり、大仏の顔や体の汚れを手ぬぐいで丁寧に拭き取った。

 

 お身ぬぐいに合わせた大仏まつりは中止し、寺務所で参列者が交通安全とコロナ収束を祈願して読経した。塩谷雄一奉賛会長があいさつした。