「デコパージュ石けん」を作る児童=砺波市出町児童センター

祖父母に贈る装飾石けん 砺波

2020/09/13 01:50

 砺波市出町児童センターの手づくりクラブ(造形)は12日、同センターで開かれ、地元の児童12人が「敬老の日」のプレゼントとして「デコパージュ石けん」を作り、祖父母に感謝の気持ちを伝えた。

 

 新型コロナウイルス対策で、手洗い徹底が求められることに着目して企画された。児童は、さまざまなデザインの紙ナプキンを特殊なのりで石けんに貼り付けて装飾し、メッセージカードを添えた。

 

 パフェなどを描いた紙ナプキンを貼った砺波市出町小1年、山下真央さん(7)は「おいしそうな絵を選んだ。大事に使ってほしい」と話した。