避難所の運営についてゲーム形式で学ぶ参加者=黒部市浦山交流センター

災害避難所の運営、ゲーム形式で学ぶ 黒部・浦山地区

2020/07/19 01:38

 黒部市浦山地区の防災研修は18日、市浦山交流センターで行われ、住民約30人が新型コロナウイルスに対応した風水害時の避難所運営をゲーム形式で学んだ。

 

 県防災士会の佐伯邦夫事務局長が、避難所の密を避ける分散避難や、受付時の避難者の体調によって避難場所を四つの区域に分ける工夫などを説明した。

 

 参加者は図上訓練に臨み、避難者の特徴が書かれたカードを使ってそれぞれの避難場所を決めた。