ビデオ会議で発表する学生=富山市赤田のJAF富山支部

理想のドライブコース発表 富山国際大生が考案 JAFと連携

2020/07/08 02:13

 JAF(日本自動車連盟)と富山国際大による連携事業の成果発表会は7日、富山市赤田のJAF富山支部で開かれ、同大現代社会学部・伊藤葵ゼミの学生が考案した理想のドライブコースを披露した。

 

 発表した3グループは、道の駅や水族館、食堂など県内観光スポットを巡るコースについて、料理や景色の写真を見せながら説明した。審査が行われ、富山市の富岩運河環水公園や市内のカフェなどを巡る案が最優秀賞に選ばれた。同案はJAFが行うドライブスタンプラリーのコースとして生かされる。

 

 学生は新型コロナウイルスの感染防止のため、ビデオ会議形式で発表した。