お絵かきこまを贈った渡辺さん=氷見市役所

木のおもちゃ100個贈る 氷見の木工舎 子育てセンターに

2020/05/23 01:41

 木の玩具・小物製作のIKARI木工舎(氷見市)は22日、木製おもちゃ「お絵かきこま」100個を市子育て支援センターに寄付した。円形、三角形、四角形の3種類で、それぞれの面に絵を描けるようになっている。

 

 渡辺伊規子代表が市役所を訪れ、林正之市長に説明した。渡辺代表は「コロナの外出自粛でストレスがたまる子どもや母親に楽しんでほしい」と話した。

 

 IKARI木工舎は市内の木育教室などに出展。お絵かきこまは通常は部材の磨きや組み立てを体験してもらうが、今回は絵を描くだけの状態にして贈った。