石井知事、温井社長から賞状や記念品を受け取る受賞団体の代表者=富山市の富山県民会館

農林業活性化に尽力 富山県農村文化賞贈呈式、6団体たたえる

2019/12/06 01:39

 富山県と富山新聞社が顕彰する第68回県農村文化賞の贈呈式は5日、富山市の県民会館で行われ、農林業の活性化や農地の保全に取り組んだ6団体に、石井隆一知事と温井伸富山新聞社社長が賞状と副賞、記念品を贈り、力を尽くした功績をたたえた。

 

 受賞したのは、▽太田西部地区環境保全推進委員会(尾田泉代表、砺波市太田)▽黒谷・山女集落協定(小林晃会長、魚津市黒谷)▽砺波市農産物直売所連絡協議会(青山義雄会長、砺波市栄町)▽農事組合法人二上みらい(加須栄徹朗代表理事、高岡市二上)▽農事組合法人八尾農林産物加工組合(西田正夫組合長、富山市八尾町下笹原)▽八町地区環境改善活動組織(石川龍雄代表、富山市八町東)の6団体。

 

 石井知事が「立派な功績を残されたことに心から敬意を表したい。この賞を活力として、一層の努力に励んでいただきたい」と受賞者をたたえた。温井社長は「地域に愛着と誇りを持ち、ひた向きに努力を続けて来られた結果。県の農林業振興に今後とも力添えを賜りたい」と激励した。

 

 各受賞団体の代表者に、石井知事から賞状と賞金、温井社長から副賞の盾と記念の兜(かぶと)が贈られた。

 

 中川忠昭県議会議長が祝辞を述べた。受賞団体を代表し、太田西部地区環境保全推進委員会の尾田泉代表が「令和元年で生涯忘れられない賞となった。この賞に恥じないよう活動を維持し、発展していきたい」と謝辞を述べた。