イノシシ肉の肉団子とチャーシュー=黒部市の新川地区獣肉加工施設

猪の肉団子、チャーシュー 新川生産組合が販売へ

2019/11/09 01:35

 新川地区獣肉生産組合はイノシシ肉の販路拡大を目指し、ハムに続く新たな加工品として肉団子とチャーシューの生産を始めた。9日に黒部市三日市商店街で開かれる「くろべ食堂」で肉団子入りスープを販売する。

 

 組合では加工施設が2月に完成し、「にいかわジビエ」としてイノシシ肉の販売を本格的に始める一方、家庭でも手軽に食べることができる商品開発を進めていた。いずれも税込みで10個入り300円、50~60個入り1700円、チャーシューは1グラム8円で300~400グラムで販売する。くろべ食堂では、野菜などを入れた肉団子スープを1杯400円で提供する。