一般公開された水中処分母船1号=射水市の海王丸パーク

海自母船を一般公開 海王丸パーク

2019/07/18 01:50

 海上自衛隊舞鶴地方隊(京都)の水中処分母船1号「YDT01」の一般公開が17日、射水市の海王丸パークで始まった。

 

 YDT01は、全長46メートル、幅8・6メートルで、排水量は309トン。海上で不発弾などの危険物の捜索、処理に当たる水中処分員の支援業務を担っている。来場者は船橋で乗組員から船の役割について説明を受け、船長席に座ったり、手旗信号を習ったりした。隊員の制服試着コーナーも設けられ、軽装甲機動車や偵察用オートバイが展示された。18日まで。