木々が色付く広坂通りを駆け抜けるランナー=金沢市広坂1丁目

金沢マラソンは1万3049人 ランナー、城下町を快走

2018/10/29 02:08

 市民マラソン大会「第4回金沢マラソン」は28日、金沢市内で開催され、全47都道府県や海外から参加した1万3049人が秋の城下町を駆け抜けた。第1回大会以来となる金沢駅鼓門の前を通るコースが設定され、時折雨が降るなか、ランナーは歴史と文化が薫る街並みを堪能した。沿道からは22万人(主催者発表)が熱い声援を送り、文化都市・金沢のスポーツの祭典をともに盛り上げた。

 

 金沢マラソンはフルマラソンのみで、男子は枡本裕真(東京陸協)が2時間23分49秒、女子は小田切亜希(竹村製作所)が大会新記録の2時間42分12秒で優勝した。

 

 7時間の制限時間内に出走者の97%に当たる1万2654人が完走した。表彰式では男女1~3位に、ガラスや金工を施したトロフィーが贈られた。

 

 大会は「金沢をまるごと『走る!』」をキャッチフレーズに、日本陸上競技連盟、国際陸上競技連盟、国際マラソン・ロードレース協会から公認を受けたコースで行われた。県、金沢市、北國新聞社などで構成する組織委員会が主催した。