切妻屋根の発電所の完成を祝う関係者=南砺市利賀村上百瀬

切妻屋根の小水力発電所 南砺・利賀で完成

2018/09/26 02:02

 県が南砺市利賀村上百瀬(かみももせ)で建設していた小水力発電所の竣工(しゅんこう)式は25日、現地で関係者ら約80人が出席して行われ、景観への配慮と豪雪対策を兼ねた切妻屋根の発電所の完成を祝った。

 

 県営上百瀬発電所は2015年12月に着工し、当初は17年度内の完成を目指していたが、同年7、10月の台風で2度にわたって被災したため工期が遅れた。

 

 発電所の最大出力は640キロワット、年間供給電力量は約340万キロワット時で一般家庭約950世帯分の使用量に相当する。県企業局の21カ所目の発電所で、小水力では5カ所目。総事業費18億7500万円で、12月の稼働を予定している。

 

 式では、石井隆一知事が式辞、北陸地方整備局河川部の松原誠部長、中部経済産業局電力・ガス事業北陸支局の藤井法夫支局長、高野行雄県議会議長、田中幹夫市長が祝辞を述べた。テープカットが行われ、利賀小児童13人の鼓笛隊演奏が花を添えた。