大門素麺でサラダ 砺波で親子教室 - 富山県のニュース | 北國新聞社

調理に挑戦する子ども=砺波市学校給食センター

大門素麺でサラダ 砺波で親子教室

2018/07/31 02:05

 砺波市学校給食センターで30日、夏休み親子料理教室が開かれ、7組15人が特産の大門素麺を使ったサラダやサケフレークなどのホクホク焼きづくりに取り組んだ。

 

 教室は給食の献立や地場産物を知ってもらうために企画し、「親子で作ろう!簡単夏野菜レシピ」をテーマに行った。ニラやタマネギなど砺波市産の野菜も使った。

 

 子どもたちは、給食センター職員11人や母親から手ほどきを受け、ハクサイやダイコン、キュウリなどを慎重に切ったほか、サラダの飾り付けなどに挑戦し、夏野菜のキムチ汁など5品を仕上げた。出来上がった料理は一緒に味わった。31日も開かれる。