点灯を始めたぼんぼり=穴水町の能登鹿島駅

おでかけニュース

さくら駅、ぼんぼり点灯 穴水・能登鹿島駅

2020/04/03 01:58

 穴水町の桜の名所、のと鉄道能登鹿島駅で1日、花見用のぼんぼり60基が点灯され、ほころんだ桜のつぼみを照らした。

 

 「能登さくら駅」の愛称で親しまれる駅周辺には、ソメイヨシノなど約100本の桜が植えられ、トンネルのように線路を囲む。地元の能登鹿島駅さくら保存会によると、見頃は来週中ごろの見込み。

 

 ぼんぼりは桜が散るまでの間、夕暮れ時から午後11時ごろまで点灯される。