地域スポーツ

居合道、半年ぶり再開 石川県剣道連盟が段位審査

2020/08/04 01:56

 県剣道連盟の居合道段位審査会は2日、県立武道館で開かれ、鍛錬に励む愛好者が初段から五段までの審査に挑んだ。新型コロナウイルスの影響で自粛が長引いたが、同連盟の居合道委員会では約半年ぶりに公式行事が再開され、参加者はさらなる技量向上を期した。

 

 初段は9人、二段は2人、三段は4人、四段は3人が合格した。コロナ対策としてガイドラインに沿って消毒や検温の徹底、審査員のマスク着用や社会的距離の確保をした上で審査した。