第2クオーターでシュートを放つ金沢の田中=白山市の松任総合運動公園体育館

地域スポーツ

武士団2カ月ぶり白星 B3リーグ 埼玉破る

2020/01/19 01:40

 バスケットボール男子Bリーグ3部(B3)(18日)金沢武士団は白山市の松任総合運動公園体育館で埼玉ブロンコスを激戦の末に79―76で破り、連敗を12で止めるともに約2カ月ぶりの白星となる5勝目(24敗)を挙げた。

 

 第3クオーターを終えて13点リードの金沢は第4クオーターで猛追された。残り15秒で76―76の同点されたが、この後、アンドレ・マレーが決勝の3点シュートを決めた。

 

 マレーがチーム最多の23得点、次いで冨岡大地が20得点、ジージオ・ベインが18得点を挙げた。

 

 19日も同体育館で埼玉と対戦する。試合は午後2時に始まる。