地域スポーツ

北國銀、敵地で無傷4勝目 ハンドボール日本リーグ女子

2020/01/14 01:43

 ハンドボール第44回日本リーグ女子(13日)北國銀行ハニービーは三重県のスポーツの杜鈴鹿体育館で三重バイオレットアイリスを27―22で破り、無傷の4勝目を挙げた。

 

 北國銀行は前半、先制された後、佐々木春乃、塩田沙代、松本ひかるの3連続ゴールで主導権を握った。この後、点の奪い合いとなり、11―9から永田美香―佐々木の2連続7メートルスロー―松本の4連取で引き離し、6点リードで折り返した。

 

 後半は8点リードまで広げた後、3連続ゴールを許し、追い上げられたが、大山真奈が27点目を奪って逃げ切った。

 

 佐々木、秋山なつみ、松本が各6得点、角南唯、永田が各3得点、田邉夕貴、塩田、大山が各1得点を挙げた。

 

 北國銀行は19日に高松市香川総合体育館で行われる第5戦でHC名古屋と対戦する。