優勝を決め、笑顔を見せながらベンチに向かう中条ブルーインパルスの選手=金沢市戸室スポーツ広場

地域スポーツ

中条が2年ぶり栄冠 松井秀喜旗学童野球

2019/10/28 01:42

 松井秀喜旗争奪第15回学童野球大会最終日(27日・金沢市戸室スポーツ広場=県野球協会、北國新聞社主催)地元石川勢同士の対戦となった決勝が行われ、中条ブルーインパルス(津幡)が額レッドライオンズ(金沢)に3―2で競り勝ち、2年ぶり2度目の優勝を果たした。

 

 中条ブルーインパルスは初回1死三塁から、服部航の右前打で先制した。五回に追い付かれたが、すかさず敵失で勝ち越し、六回に再び同点とされた後、服部航が右翼へ決勝の本塁打を放った。

 

 額レッドライオンズは五回に田中育心の内野安打、六回に宮村昌汰の左前打で二度追い付く粘りを見せたが、あと一歩及ばなかった。