清宮復帰戦で大注目 石川ミリオンスターズ、9日千葉で日ハム2軍戦 - 地域スポーツ | 北國新聞社

地域スポーツ

清宮復帰戦で大注目 石川ミリオンスターズ、9日千葉で日ハム2軍戦

2018/08/09 02:00

 9日に千葉県鎌ケ谷市で行われる石川ミリオンスターズと日本ハムファイターズ2軍の交流戦で、大型ルーキー清宮幸太郎が実戦復帰する可能性が浮上し、チケットの問い合わせが急増している。BCリーグの交流戦として史上最大の盛り上がりが期待される。

 

 清宮は右肘炎症のため7月中旬から欠場中。6日に球団幹部が「最短で9日」と復帰プランを明かすと、ファンが素早く反応した。試合会場の鎌ケ谷スタジアムは日本ハム2軍の本拠地。当日は日本ハムで活躍した武田勝監督の引退後初の「凱旋(がいせん)」となり、清宮との「新旧の人気スター」の共演も実現する。

 

 試合は、小松精練(能美市)が両軍のグラウンドコートに同社製の素材を提供した縁で協賛する。始球式では武田監督が投手、元ミリスタ投手の木田優夫日本ハムGM補佐が捕手を務め、打席では小松精練の中山賢一会長がバットを握る。

 

 5日の甲子園開幕始球式で星稜ナインとOBの松井秀喜さんが共演し話題になったばかり。BCリーグ事務局は「甲子園のように、始球式を含め中身の濃い内容となっている。リーグを盛り上げるチャンス」と期待している。