浅野川線、21日に新車両 北鉄

2020/12/01 01:52

 北陸鉄道(金沢市)は21日、浅野川線に新型車両を導入する。老朽化した既存車両の更新に伴い、東京メトロ日比谷線で使用されていた「03系車両」を改造した1編成2両を投入する。北鉄は2023年度までに、この車両を計5編成に増やす計画だ。

 

 北鉄が譲り受けた03系車両は1994年製で、25年間にわたって日比谷線で運用されてきた。1編成8両だったのを同2両に変え、ワンマン運転が可能な仕様にした。スノウプラウ(除雪装置)を装備し、銀色の車体にはオレンジのラインを入れた。

 

 北鉄は19日、内灘駅で新型車両の一般公開を行う。午前10~11時、午前11時半~午後0時半、午後1~2時の計3回実施し、各回の定員は30人とする。参加費は千円で、予約が必要となる。18日には、引退する車両のラストランイベントも行う。