備蓄食材を朝食に 金沢彩の庭ホテル「防災の日」で提供

2020/08/27 01:28

 金沢彩の庭ホテル(金沢市)は30日から3日間、備蓄している非常食を食べやすく調理し、宿泊者の朝食メニューに加える。9月1日の「防災の日」にちなんで実施し、宿泊者に備蓄食材への関心を高めてもらう。

 

 期間中はアルファ米を使ったライスコロッケや、カンパンを用いた棒茶のシフォンケーキなど4品の提供を予定する。従業員向けの弁当のおかずに取り入れ、スタッフの防災意識を徹底させる目的もある。

 

 同ホテルは災害時の住民受け入れも想定し、さまざまな非常食各200~300食分を備蓄している。