21年春の採用枠「減らした」「中止」15% 石川県経協調査

2020/06/16 01:40

 石川県経営者協会が会員企業84社に2021年春の新卒採用計画を尋ねたところ、新型コロナの影響で年度当初から「採用枠を減らした」「採用を中止した」と回答した企業が15・5%に当たる13社となった。

 

 調査は5月22日時点で、協会が中間集計の結果をまとめた。

 

 内訳は「採用枠を減らした」と答えた企業が11社、「採用を中止した」が2社だった。「減らした」と回答した企業のうち、年度当初の計画に比べて5割減が3社、4割減が2社だった。

 

 残り84・5%に当たる71社は「影響なし」としており、協会は「新型コロナの収束後を見据え、採用を計画的に進める企業が多い」と指摘した。会員企業では、新型コロナの影響で採用活動の時期を遅らせたり、オンラインによる説明会や面接を実施したりする動きがみられるとした。