協調融資で事業者支援 北陸銀行と商工中金が協定

2020/05/02 01:25

 北陸銀行と商工組合中央金庫(商工中金、東京)は1日、新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けている地域の事業者を支援するため、「BCP(事業継続計画)対策業務協力協定」を締結した。協調融資などで事業の継続を後押しする。

 

 商工中金と事業継続に関する協定を結んだのは、富山県の金融機関では初めて。外出自粛や休業要請で経営が厳しい飲食店や、サプライチェーン(部品の調達・供給網)の混乱で生産が停滞した製造業など、コロナ禍に苦しむ事業者を支援する。

 

 顧客から資金繰りの相談が寄せられた場合、北陸銀行と商工中金それぞれが持つ情報を共有し、早期の事業評価や融資につなげる。それぞれに特長のある融資制度を紹介し、融資枠を拡大可能な協調融資を活用する。事業者に対するコンサルティングの充実も図る。