愛称は「WAKURU」 西武富山店跡地の複合ビル

2020/03/21 01:46

 富山市総曲輪(そうがわ)3丁目の西武富山店跡地に建設された複合ビルについて、再開発組合は20日までに、愛称を「WAKURU(ワクル)」に決めた。ワクワク感と新しいものが生まれる期待感を表現した。

 

 総曲輪の地名の由来が、富山城を囲んでいた外堀「曲輪(くるわ)」にちなんだ愛称とし、「ワクワクが湧く」「人がたくさん来る」との意味を込めた。ロゴマークには小文字も取り入れた。

 

 複合ビルは地上23階建てで、1~5階は商業施設などが入り、6~23階はマンション。1階の飲食エリアは7月上旬のオープンを予定している。